Basti93 / Pixabay

「1Dayインターンってそもそも就活に意味があるの?」

「どういうモチベーションで1Dayインターンに参加したらいいの?」

など1Dayインターンに対していろいろな疑問を持つ就活生の方が多いはず。たしかに長期インターンや中期インターンと比べるとインターンの内容が少なく、企業説明会のような形で終わってしまうものも多いです。

そこで今回の記事では、1Dayインターンを有意義にするための方法について解説をしつつ、1Dayインターンに参加するなら必ず知っておきたい知識をご紹介していきましょう。

これから1Dayインターンに参加するという方や、1Dayインターンに参加するか迷っているという方は是非こちらの記事に目を通してください。

1Dayインターンは「内定獲得を有利にするため」のものじゃない

さて、 最初に結論を述べておきましょう。1Dayインターンは内定獲得を有利にするためのものではではありません。基本的に1Dayインターンの開催目的は、企業が就活生に対してアピールをしたかったり、少しだけその企業に対して興味があるという就活生を招いたりというものであるからです。

そのためバリバリ成果を出して内定獲得を有利にするという目的があってインターンに参加したい人は、1Dayインターンではなく長期インターンや中期インターンに参加することをおすすめします。 

1Dayインターンの開催目的についての前提をご理解いただいた上で、それでもまだ1Dayインターンに参加したいという意思を持つ方は、以下に1Dayインターンを有意義にするための方法を紹介していくのでじっくりと目を通してください。

1Dayインターンを有意義にするための方法1:業界研究・企業研究として行く

1つ目にご紹介する1Dayインターンを有意義にするための方法は「業界研究・企業研究として行く」ということです。

1Dayインターンの良いところは実際にその会社で働いている人からその企業のことや業界のことを教えてもらえるという点にあります。近年では企業や業界に対する情報がインターネットにたくさんあるため、なんとなくその企業のことや業界のことをわかったつもりになってしまうかもしれません。

しかし実際に内部から見て働いている人の捉え方と外から見た人たちからの捉え方では180度見え方が異なるということもあり得るのです。そのため1Dayインターンお業界研究や企業研究として利用するという意識で参加すれば、1Dayインターンは非常に有意義になるでしょう。

1Dayインターンを有意義にするための方法2:志望業界・企業が同じ学生と知り合う

2つ目にご紹介する1Dayインターンを有意義にするための方法は「志望業界・企業が同じ学生と知り合う」ということです。

また大学内ではなかなか出会うことができない志望業界・志望企業が同じ学生と知り合うことも1Dayインターンでは非常に簡単です。やはり同じ方向にアンテナが向いている人の方が自分にとって役に立つ知識を持っていたり、就活という大変な時間の中で励ましあってモチベーションを高められるような人間関係を作れたりするはずです。

1Dayインターンを有意義にしたいのであれば、ただ会社側の説明を聞いたり、言われた作業をしたりして終わるのではなく、その場で連絡先を交換したり、その後に一緒にご飯に行ったり、就活情報をシェアしたり、 SNS を交換したりして繋がっておくことがおすすめです。 

実際に本選考の際にも1Dayインターンで出会った友人たちが多くいるということが分かっていれば、1人で参加するよりも明らかに心強く感じるはずです。1Dayインターンに参加したならば、できるだけ同じ立場の学生と知り合うことができるように動いていきましょう。 

1Dayインターンを有意義にするための方法3:OB以外の社会人とコミュニケーションを取る

3つ目にご紹介する1Dayインターンを有意義にするための方法は「OB以外の社会人とコミュニケーションを取る」ということです。

これまではOB・OG訪問などを行い割と距離が近い社会人とコミュニケーションを図ってきたかもしれません。しかし、もう少し年齢差がある社会人と話したり、知り合ったりするような機会は1Dayインターンにたくさん転がっています。

特に本専攻で採用担当するような人達はOBやOGの年齢よりもさらに上の人が多いのではないでしょうか。それであるならば、 もう少し対応担当者に近い立場の人や会社の中枢にいるような人たちの話を聞くことが重要なはずです。

1Dayインターンではなかなか深い話をすることはできませんが、1Dayインターンの中でインターン参加者限定のイベントや情報をもらうことはできるかもしれません。このような貴重な情報やイベント参加の権利を手に入れることができれば1Dayインターンを有意義にできたと言っても良いでしょう。

1Dayインターンに関するTips 

次に1Dayインターンに参加するなら必ず知っておきたい知識ついてご紹介していきましょう。

1Dayインターンに関するTips1:選考後の1Dayインターンは内定に影響あり

1つ目にご紹介する1Dayインターンに参加するなら必ず知っておきたい知識は「選考後の1Dayインターンは内定に影響がある」ということです。

先ほど1Dayインターンによって内定獲得が有利になることはないということを述べましたが、 もしその1Dayインターンが選考通過者限定の1Dayインターンの場合には、ない体に影響する可能性が高いです。

もし選考の後に1Dayインターンに招かれた場合は、それはほぼ本採用の一部であると捉えて参加した方が良いということは覚えておいてください。

1Dayインターンに関するTips2:数をこなすことで業界の傾向が見えてくる

2つ目にご紹介する1Dayインターンに参加するなら必ず知っておきたい知識は「数をこなすことで業界の傾向が見えてくる」ということです。

1Dayインターン1つ1つに丁寧に参加をすることによって、その企業だけではなく、もっと大きな視点で業界の傾向が見えたり、多くの企業にとって重要視されているポイントが見えたりすることはあるでしょう。

それはインターネット上で得られるものではなく、実体験の中で得た確実な情報です。これは誰かに教えてもらうのではなく、 自分自身が1Dayインターンにたくさん参加するからこそ分かった貴重な情報でしょう。

たくさんの1Dayインターンにしっかりと参加をすれば結果的に就活を有利に進められる状況も作ることができるかもしれません。 

まとめ

今回の記事では、1Dayインターンを有意義にするための方法について解説をしつつ、1Dayインターンに参加するなら必ず知っておきたい知識をご紹介していきました。

初めにも確認をした通り1Dayインターンは、本採用を有利にするためのものではありません。そのため本採用を有利にしたいという考えで1Dayインターンに参加しようとする人はやめておいた方がいいかもしれないです。

一方で志望する企業や業界の現状について詳しく知りたいという方や、少しでも会社とはどのようなものかについて知っておきたいという方は1Dayインターンの性質上、かなり気軽に参加することができるためおすすめします。

1Dayインターンに限らずインターンの種類ごとに開催目的があるはずなので、必ずインターンの開催目的に沿った目的意識を持って参加をするようにしましょう。そうすれば必ずインターンはあなたにとって有意義なものになるはずです。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事