総合商社への転職を成功させる方法・適性のある人の特徴を7つ紹介!

「総合商社への転職を成功させるにはどうすればいいの?」と悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。新卒採用とは違い、キャリア採用は即戦力を求めている総合商社も多いため、ハードルが高いと言われているのが実際のところです。今回は、それでも総合商社へ転職したいと考えている方に向けて、転職成功の秘訣や転職の難易度、総合商社への転職を成功させる人の特徴を徹底的に解説していきます。

総合商社へ転職する難易度は?

総合商社への転職を成功させる方法を紹介する前に、実際のところ総合商社へ転職する難易度はどれだけ高いのかということについてのお話をしていきましょう。まず大前提として総合商社への転職は難易度が高いです。その理由は以下の2点。

  • 中途採用の倍率が高いから
  • 転職者には高いスキルが求められるから

中途採用の倍率が高い

総合商社は中途採用においても人気が高く、その割に採用枠が狭いために、倍率が高くなる傾向にあります。特に7大総合商社と呼ばれる三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・豊田通商・住友商事・丸紅・双日において、その傾向が強まります。ただ逆に言えば、総合商社を7大に絞らずに各方面で探していくことによって、倍率が比較的に低い企業を見つけることができるでしょう。

転職者には高いスキルが求められるから

新卒採用とは異なり、総合商社は中途採用者に対して高い専門性を求める傾向にあります。つまり、すでに営業などの実績や経験があり、即戦力として活躍できる人材である必要があるということです。

総合商社への転職を成功させる3つの方法

さて、上記では総合商社へ転職する難易度が高いという旨を説明しました。もしかすると、転職に対して不安になってしまったという方もいるかもしれません。しかし、安心してください。総合商社への転職を有利にすることができる方法があります。その方法とは以下の3点です。

  • 必須スキルを身につける
  • 20代までに転職する
  • 商社狙いなら専門商社も視野に入れる

上記の総合商社への転職を成功させる方法を参考にしつつ、転職を目指すことによって、転職成功率はかなり高まるはずです。以下にそれぞれのポイントを詳しく説明していきます。

必須スキルを身につける

1つ目に挙げる総合商社への転職を成功させる方法は「必須スキルを身につける」ということです。総合商社では中途採用者が即戦力として求められるだけあり、企業が求めるスキルを身につけておくことによって、転職を有利に運ぶことができるのです。では、総合商社における必須スキルとはどのようなものか、以下に見てみましょう。

  • 言語力
  • コミュニケーション力
  • 現状へ疑問を持てる力

言語力という場合、ほとんど英語力を指すことが多いです。ただ、最近では中国やアフリカ諸国、ロシアの取引相手とその国の言語でビジネスをする商社も増加しているため、現地の言葉が喋ることがができる力が求められます。

また、商社で働くとなると日々、多くの取引相手とコミュニケーションを取らなければならないため良好な関係を築くためのコミュニケーション力は必須です。他にも、総合商社の多くが新規事業の開拓をおこなっているため、現状に対して常に疑問を持ち、世の中を改善していくことができる視点を持つことも重要です。

上記に挙げるようなスキルを身につけるとともに、そのスキルを示すことができるような経験を積んだ上で転職活動をすると、成功確率が上がるはずです。

20代までに転職する

2つ目に挙げる総合商社への転職を成功させる方法は「20代までに転職する」ということです。総合商社は社員育成に力を入れている企業が多く、中途採用であっても20代までが限界であると考えている場合が多いです。ただし前職も商社に勤めており、すでに勤務経験があるという場合には、その限りではありません。

商社狙いなら専門商社も視野に入れる

3つ目に挙げる総合商社への転職を成功させる方法は「商社狙いなら専門商社も視野に入れる」ということです。こちらは少し例外ではありますが「国外で商取引をおこないたい」などの思いがあって総合商社を目指しているのであれば、専門商社も視野に入れてみるといいでしょう。ビジネスの規模や扱うモノやサービスの種類に違いはあれど、専門商社でも自分が関心のある仕事を任せてもらえる可能性があります。また専門商社で経験を積むことで、その後に総合商社への転職を有利にすることもできるはずです。

総合商社への転職を成功させる人の特徴 4選

ここまで総合商社への転職を成功させる方法について紹介してきました。上記の3点を参考にすることによって、総合商社への転職確率を高めることが可能です。さて、本記事の最後に総合商社への転職を成功させる人の特徴を紹介していきましょう。その特徴は以下の4点です。

  • 目的意識を強く持っている
  • 前職の専門技術を総合商社で活用できる
  • 高い言語力を持っている
  • リーダーシップがある

総合商社への転職を成功させやすい人の傾向を分析することで、転職活動に活用できるはずです。各項目について詳しく見ていきましょう。

目的意識を強く持っている

1つ目に挙げる転職を成功させる人の特徴は「目的意識を強く持っている」ということです。総合商社ではトップダウンのプロジェクトよりも、ボトムアップで自分からプロジェクトを立ち上げていくことが多いのです。そのため、総合商社は強い目的意識を持って働ける人材を求める傾向にあります。

前職の専門技術を総合商社で活用できる

2つ目に挙げる転職を成功させる人の特徴は「前職の専門技術を総合商社で活用できる」ということです。中途採用の場合には、前職が商社と関係がないとしても、培ってきた専門技術を活用することができる人材が求められます。特に総合商社は取引先が幅広いため、さまざまなカラーの人材が必要です。自分の希少価値を示し、魅力的だと思えるような人は採用を獲得しやすいのです。

高い言語力を持っている

3つ目に挙げる転職を成功させる人の特徴は「高い言語力を持っている」ということです。総合商社においては、英語力のボーダーラインがTOEIC730点だと言われています。このスコアは「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる」という英語力を示すものであり、一定の言語力を持っていることで、高い評価につながることが多いのです。

リーダーシップがある

4つ目に挙げる転職を成功させる人の特徴は「リーダーシップがある」ということです。先ほども述べた通り、ボトムアップ式のプロジェクトが多い商社では、自らプロジェクトを進めていけるリーダー人材が必要とされています。特に中途採用の場合には新卒採用の社員と比べて育成時期が短いため、短期間でリーダーとして活躍できるような人は採用されやすいのです。

まとめ

今回の記事では、総合商社へ転職したいと考えている方に向けて、転職成功の秘訣や転職の難易度、総合商社への転職を成功させる人の特徴を徹底的に解説してきました。前述の通り、総合商社への転職は決して簡単なものではありません。しかし、総合商社が求めているスキルを身につけること、そしてタイミングを逃さないことによって、総合商社への転職を成功させられる可能性は高まるはずです。この記事を参考にして、総合商社が「弊社にほしい!」と思うような資質を身につけていきましょう!

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事