就活で私服を指定された場合のNG服装とおすすめコーデ6選を男女別に紹介!

私服での就活を行う上で気をつけてほしいポイントやおすすめコーデを紹介していきますのでこれから私服での就活をする機会があるという人は参考にしてみてください。

就活中に「私服でお越しください」といわれたときはどんな服装がいい?

就活をしている時に志望している企業から「私服でお越しください」と言われる機会があるかと思います。

そんな時本当に私服で企業を訪問して失礼に当たらないか、私服と言われてもどういう服を着ていけばいいのかについて気になってしまう人のために就活のための私服について詳しく解説をしていきますので是非参考にしてみてください。

就活で私服を指定されたらNGポイントに注意しよう

就活で企業を訪問する際に私服を指定されたからといってもちろん私服であればどんな服装を着ていってもいいというわけではありません。

就活における私服には明確なNGポイントがありますので、どんな服装がNGなのか知っておきたいという人は是非チェックしてみることをおすすめします。

男性の場合のNGポイント

就活で企業を訪問する際に私服を指定された場合の男性のNGポイントについて詳しく解説をしていきますので、これから就活を控えているという人は参考にしてみるとよいでしょう。

男性が就活で私服を着る場合、こういった私服はNGという具体的な服装も紹介していきますので是非読んでみてください。

デニム

就活で男性が企業を訪問する場合、私服でデニムを履いていくことは確実にNGとなります。

そもそもデニムは作業着をルーツとするもので、私服の中でもかなりカジュアル寄りの分類となります。

たとえ志望する企業から私服での訪問を指定されていても就活はフォーマルな場ですので、それに合わせた服装で臨むことが求められます。

七分丈を始めとしたショートパンツ

就活で男性が企業を訪問する場合、私服で七分丈を始めとしたショートパンツを履いていったとしたら歓迎されることはまずないと言っていいでしょう。

基本的にフォーマルな場での私服というものは男性女性問わず極力肌の露出を抑えるのが原則です。

ショートパンツは明確に肌の露出が多い私服に分類されますので、就活で履くには不適当だと言えます。

パーカー・トレーナー

就活で男性が企業を訪問する場合、私服でパーカーやトレーナーを着ていくこともNGと言っていいでしょう。

寒い時期の就活では着たくなる気持ちはわかりますが、やはりパーカーやトレーナーはフォーマルな場に相応しいとは言えません。

もしも就活をしている時に私服での防寒対策が必要になった時はもっと別の手段を取るようにしましょう。

帽子

就活で男性が企業を訪問する場合、帽子を被っていくことはNGだと言ってよいでしょう。

確かに帽子にもフォーマルなデザインなものはあるのですが、そもそも帽子というアイテム自体が就活の場に合っていないのです。

日頃から私服で帽子を被っているという人も私服での就活の際は帽子の着用を控えることを強くおすすめします。

スニーカー・サンダル

就活においては衣服だけでなく足元にもしっかりと気を配っておく必要があります。

そのためスニーカーやサンダルを履いて企業を訪問することはたとえ私服での訪問を指定されていたとしてもNGとなります。

また革靴であってもあまりにもデザインが個性的なものやきちんと手入れをしていないボロボロの状態のものは履いていかないようにしましょう。

女性の場合のNGポイント

就活で企業を訪問する際に私服を指定された場合の女性のNGポイントについて詳しく解説をしていきますので、私服での会社訪問について知りたいという人は参考にしてみるとよいでしょう。

女性が就活で私服を着る場合、どういった私服が評価を下げてしまうのかという具体的な服装も紹介していきますので是非読んでみることをおすすめします。

デニム

男性同様就活の際にデニムを履いて企業を訪問するのはNGと言ってよいでしょう。

日本におけるデニムのイメージは飽くまでも普段着であり、日常生活や汚れてしまう可能性があるような遊びの場で履くものです。

就活というのは日常からある種隔絶されたフォーマルな場ですので、デニムのようなラフな私服は向いていません。

露出が多い服装

女性が私服で就活をする際特に気をつけなければならないのが露出の多い服装を選ばないということです。

胸元が大きく開いているような私服はもちろんNGですし、ノースリーブのような腕全体が見えてしまっているもの、またスカートの丈も短すぎるものはよくありません。

就活の時に使う私服は節度ある常識的なデザインのものを選びましょう。

派手すぎる服装

女性が私服で就活をする際に注意しておくべきなのは派手すぎる服装で会社を訪問するのを避けることです。

もちろん私服ですのでスーツより派手になってしまうのは当然ですが、とはいえ原色を使っているような奇抜なデザインの私服は選ばないようにしてください。

ただどの程度のデザインから派手と見なされるかは会社の社風に大きく左右されますので、あらかじめ調査しておくことをおすすめします。

パーカー・トレーナー

私服で就活を行うのであれば、男性同様パーカーやトレーナーを着て企業を訪問するのは避けてください

一般的に女性は男性よりも体が冷えやすいのでパーカーやトレーナーが必要になる機会は多くなりますが、就活という状況においては別の方法で寒さの対策をするのが無難だと言えるでしょう。

スニーカー・サンダル

会社訪問の服装として私服をしていされたとしても、やはり足元がスニーカーやサンダルと言うのは問題があると言わざるを得ません。

たとえラフな服装でも問題ない社風であるとあらかじめ言われていたとしても、会社を訪問する際はスニーカーやサンダルではなくもっとしっかりとした靴を履き、それに合う私服を着るようにしてください。

就活での私服のおすすめコーデ6選

就活で私服を着ることになった際の男女別のおすすめコーデ6選について詳しく紹介していきますので、これから私服で会社を訪問する予定があるという人は参考にしてみてください。

またコーデをする際に注意しておいた方がいいポイントについても解説していきますので是非読んでみることをおすすめします。

就活の私服指定の男性におすすめコーデ6選

ここでは就活で私服を指定された男性に向けたおすすめコーデ6選について詳しく解説をしていきますので、就活の時の私服なんてどうしたらいいかわからないという人は参考にしてみるとよいでしょう。

また男性が私服で就活をする上で気をつけた方がいいポイントについても紹介していきますので目を通してみてください。

ジャケット+スラックス

男性が私服で就活をする上でもっとも基本的な組み合わせとなるのがジャケットにスラックスの組み合わせです。

まずジャケットは私服の中でも特にフォーマルな要素が強く、それにスラックスを組み合わせればビジネスの場でも十分に通用する服装となります。

注意点としてジャケット、スラックス共にしわが目立ちますのでアイロンがけはしっかりと行うようにしてください。

ジャケット+カラーパンツ

男性が私服で就活をする場合、ジャケットとカラーパンツの組み合わせも十分就活に対応できる組み合わせだと言えるでしょう。

カラーパンツの色の選択ですが、可能な限り地味なものを選択するのが無難です。

ただしジャケットがフォーマルなものであれば多少カラーパンツが派手な色であっても社風によっては受け入れられる可能性があります。

襟付きシャツ+チノパン

男性が私服で就活をするのであれば襟付きシャツとチノパンの組み合わせも候補の一つとして考えることができます。

最近はクールビズが受け入れられるようになってきていますので、暑い時期であればジャケットを羽織らずに襟付きシャツとチノパンで問題ないという会社も増えてきています。

ただ念のために本当にその組み合わせで問題ないかどうか事前に社風を確認しておくことをおすすめします。

ポロシャツ+チノパン

男性が暑い時期に私服で就活を行う場合、ポロシャツとチノパンという組み合わせも選択肢の一つとなります。

とはいえポロシャツとチノパンという組み合わせはどちらかというとラフ寄りであり、会社によっては受け入れてもらえない可能性も十分あります。

現在はクールビズに対応したフォーマルなデザインのポロシャツが販売されていますのでそういったものを選択するのが無難だと言えます。

カーディガン・襟付きシャツ+チノパン

男性が寒い時期に私服で就活を行う場合、カーディガンと襟付きシャツにチノパンという組み合わせも考えられます。

カーディガンであれば防寒対策として羽織っていても訪問先の会社で印象が悪くなる可能性は低いでしょう。

またカーディガンの厚さに関してですが、やはり薄手のもののほうがスマートな印象を与えられますので、多少寒さを我慢してでも薄手のものを羽織るのがおすすめです。

襟付きシャツ+ベスト

男性が私服で就活を行うのであれば襟付きシャツにベストの組み合わせも候補の一つとなるでしょう。

元々シャツはフォーマル寄りの私服ですが、それにベストを組み合わせることでその印象を更に強めることができます。

シャツとベストの色ですがどちらも派手すぎず、かつ清潔感のある色を選択しておけば問題ありません。

就活の私服指定の女性におすすめコーデ6選

ここでは就活で私服を指定された女性に向けたおすすめコーデ6選について詳しく解説をしていきますので、私服選びに失敗して就活がダメになってしまうのが怖いという人は参考にしてみてください。

また女性が私服で就活をする上で気をつけてもらいたいポイントについても紹介していきますのであらかじめ確認しておくとよいでしょう。

ワンピース

女性が私服で就活を行う場合、選択肢の一つとなるのがワンピースです。

ワンピースは女性らしさが強く、十分就活にも対応できる私服ですが、反面デザインの選択を間違えてしまうと就活を真面目に考えていないのではないかという悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

就活で使うワンピースで気をつけるべきポイントとして露出が多いデザインを選ばないことや派手すぎる色のものを着ないことが挙げられます。

ジャケット+パンツ

女性が私服で就活を行う際に特に安全な組み合わせと言えるのがジャケットとパンツの組み合わせです。

ジャケットとパンツの組み合わせは女性の私服の中では特にフォーマルな部類に入り、悪い印象を与えてしまう可能性はほぼないと言っていいでしょう。

ただしジャケットとパンツの組み合わせは男性的な要素が強い私服とも言えますので、社員に女性らしさを強く求める社風の会社を訪問する際はあらかじめ検討しておくことが必要です。

ブラウス+スカート

女性が私服で就活を行うのであればブラウスとスカートの組み合わせは有力な選択肢の一つだと言えます。

ブラウスとスカートの組み合わせは女性的でかつ清潔感のある印象を相手に与えますので、就活の場でも問題になることはまずないでしょう。

ただしブラウスとスカートの色を派手なものにすることは避けた方が安全です。

シャツ+スカート

女性が私服で就活を行うのであればシャツとスカートの組み合わせも私服の候補として挙げることができます。

シャツは露出が少なくフォーマルな印象の私服ですので、就活に使うのにはもってこいだと言えるでしょう。

もちろん他のコーデと同様にシャツとスカート共にあまり派手な色を選択するのはやめておくことをおすすめします。

カーディガン+パンツ

女性が寒い時期に私服で就活を行う場合、カーディガンとパンツの組み合わせも候補の一つになります。

カーディガンとパンツの組み合わせは防寒対策として有効で、また就活する上でも不快な印象を持たれることはまずありません。

注意点としてカーディガンのデザインは極端に可愛らしいものではなくシンプルなものにしておくことをおすすめします。

カーディガン+ワンピース

女性が寒い時期に私服で就活を行う際はカーディガンとワンピースの組み合わせも検討してみるとよいでしょう。

カーディガンとパンツの組み合わせと比較すると防寒対策の面では劣りますが、相手に対しより女性的な印象を与えることができます。

就活をする日の寒さや訪問する会社の社風などを考慮して組み合わせを選択してください。

就活中に私服を指定されたときのチェックポイント

就活で会社を訪問する時に服装として私服を指定された時に忘れずチェックしておきたい4つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、就活の時の私服選びが今から心配で仕方ないという人は是非参考にしてみてください。

これから紹介する4つのポイントをしっかりと押さえておけば訪問先の会社から悪い印象を持たれることはまずないと言っていいでしょう。

チェックポイント1: 私服指定と私服可の違い

私服で会社を訪問する時にまず確認しておかなければならないのが私服指定と私服可の違いについてです。

服装が私服指定となっていた場合にスーツで訪問してしまうと悪い印象を持たれてしまう可能性がありますが、私服可の場合は逆にスーツで訪問しないと悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

私服指定の場合は必ず私服で訪問し、私服可の場合は特別な理由がない限りスーツで訪問するようにしてください。

チェックポイント2: 清潔感を重視する

私服で就活をする際に気をつけなければならないのが清潔感のある服装ができているかどうかです。

清潔感というとやや漠然として聞こえますが、実際はそれほど難しいことではなく服のしわをしっかりと伸ばす、できるだけ新しいものを着る、極端に派手な色や暗い色を選ばないといった基本的なことさえ守れれば自然と清潔感のある服装になります。

チェックポイント3: TPOをわきまえる

私服で就活をするのであれば絶対に忘れてはならないのがTPOを意識するということです。

いくら私服を指定されたからといって就活がフォーマルな場であるということは変わりません。

あまりにも派手な服装は当然認められませんし、就活で訪問する会社の社風に応じて私服を選ぶという気配りが要求されます。

チェックポイント4: 社風を確認する

私服で就活をする場合、絶対に確認しておかなければならないのが訪問する会社の社風です。

社員にフォーマルさを求める社風であればそれに相応しい私服で訪問しなければなりませんし、ラフな雰囲気を求める社風であればフォーマルな私服で訪問すると場違いになってしまいます。

就活をする上で自分自身を訪問先の会社に合わせるというのは必要不可欠ですので、訪問先の会社の情報はしっかりと集めるようにしましょう。

就活の私服の基本はオフィスカジュアル

私服で就活をする上で基本になってくるのがオフィスカジュアルを目指すということです。

男性と女性それぞれのオフィスカジュアルについて詳しく解説をしていきますので、参考にしてみるのをおすすめします。

男性のオフィスカジュアル

就活における男性のオフィスカジュアルは清潔感のあるややフォーマルな服装ということになります。

具体例として派手すぎないシャツにスラックスやチノパンといった落ち着いた服装が挙げられます。

女性のオフィスカジュアル

就活における女性のオフィスカジュアルは女性的でかつ派手すぎない服装だと言えるでしょう。

具体的には落ち着いた色のシャツやブラウスにスカートといった上品な服装になります。

服装だけでなくアイテムにも注意しよう

就活においては衣服だけでなく身に着けるアイテムの選択も重要になってきます。

就活におけるアイテムの選び方や注意すべきポイントについて詳しく解説をしていきますので、是非参考にしてみることをおすすめします。

バッグの選び方

就活において特に重要なアイテムとなってくるのがバッグです。

就活で使うバッグはデザインや色をできるだけ地味なものにするのはもちろんですが、実用面においても床に置いた時にきちんと自立するかどうか、また訪問先の企業から受け取った書類を折らずに入れることのできる余裕のある大きさかどうか等をしっかりと確認しておく必要があります。

靴の選び方

就活をするにあたって服装の選択と同様に重要になってくるのが靴の選択です。

男性であればあまり目立たない色の革靴で極端に個性的なデザインではないもの、女性であればできるだけ地味な色のパンプスでヒールの高さに関しては高すぎず低すぎず、歩き辛さを感じない程度のものを選択するとよいでしょう。

アクセサリーの選び方

私服で就活をする際に気になってくるのが就活の際にアクセサリーを身に着けていてもいいのかということです。

結論から言えば私服で就活をする場合であってアクセサリーは身に着けない方が無難です。

ただし腕時計であれば特に不快な印象は与えないと考えられますので、もしアクセサリーを身に着けて就活を行いたいのであれば目立ちすぎないデザインの腕時計を身に着けるようにするとよいでしょう。

就活で私服を指定されたTPOをわきまえて自分らしい服装を選ぼう

就活の形態も時代と共に変化し、私服での訪問を指定する会社も着実に増えてきています。

しっかりとスーツを着ていればそれでよかった従来の就活よりもかえってTPOを弁えることが困難になっているとも言えますので、私服での就活を行う際は訪問先の企業の社風といった重要な情報をしっかりと把握した上で臨むようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事