就活で失敗しないメガネの5つの選び方は?顔の輪郭別のフレームやマナーも紹介!

就活生の中には、普段からメガネをかけているため、そのままのスタイルで就活をしている就活生も多いのではないでしょうか?そうしたメガネをかけている就活生は必見、就活においてどのようなメガネ選びをしていけばいいのか、解説していきます。

就活でかけるメガネはどれが良いか迷う

普段からメガネをかけている就活生にとって、より気を配らなければならないものの1つがメガネの形やデザインなどです。

どのようなメガネが就活において好印象に見えるのか、赤や青といったメガネのフレーム含めた色や形などにおいても気になる就活生も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなメガネをかけている就活生にとって、就活用としてどのようなメガネを選ぶことが最適なのか、様々な視点から解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

就活で失敗しない ”顔の輪郭別”メガネの選び方

就活でメガネを選ぶ際に1つポイントとなるのが、自分にとってどのようなメガネが似合うかということです。

デザインや形なども気にかけることは大切ですが、まずは就活生自身の顔の輪郭に注目してみましょう。

ここでは、そんな就活生の顔の輪郭別に最適なメガネの種類をご紹介していきます。

・選び方1:丸顔はスクエア型を選ぶ
・選び方2:面長はウェリントン型を選ぶ
・選び方3:三角顔はオーバル型/ハーフリム型を選ぶ
・選び方4:四角顔はボストン型を選ぶ
・選び方5:卵型は薄型なら何型でも選べる

選び方1:丸顔はスクエア型を選ぶ

就活生の中でも丸顔だという就活生は、スクエア型のメガネを選ぶことをおすすめします。

丸顔の就活生が楕円形や丸型のメガネをかけてしまうと、男女問わず、より輪郭が丸く強調されてしまいがちです。

また、丸顔の就活生の中でも目が大きくぱっちりとした目の就活生は、スクエア型のメガネではフレームと目の間の幅が狭くなってしまい、似合わないという場合もあります。

そうした場合には、スクエア型でも少し広めのタイプのメガネの形を探すか、メガネが主張されすぎない程度に、他のタイプのメガネを探すのもおすすめです。

就活において、常にメガネは顔とのバランスを基準にして選ぶことをおすすめします。

選び方2:面長はウェリントン型を選ぶ

面長な輪郭の就活生におすすめのメガネは、ウェリントン型のメガネです。

ウェリントン型のメガネは、逆の台形のような形をしたメガネのことで、面長な輪郭を隠してくれるような効果があります

ZoffやJinsでもこのウェリントン型のメガネや上記で紹介したスクエア型のメガネは、わりと種類が多く就活に適したメガネを見つけやすくもあります。

ぜひ早めにZoffやJinsといったメガネ専門店に行って、自分に最適なメガネを見つけるようにしましょう。

どれを選んでいいか分からない際には、その店の店員さんに就活で使うという旨を話しておすすめしてもらうのもありです。

選び方3:三角顔はオーバル型/ハーフリム型を選ぶ

三角顔の就活生は男女問わず、オーバル型のメガネやハーフリム型のメガネを選ぶことをおすすめします。

三角顔の場合には角ばった部分が強調されてしまいがちですので、丸みを帯びているオーバル型のメガネやハーフリム型のメガネが就活の際にも好印象を与えてくれます

オーバル型のメガネかハーフリム型のメガネが似合うかは、ZoffやJinsといったメガネ専門店に行って直接かけて自分の輪郭など顔の全体的な雰囲気と比べるようにしましょう。

選び方4:四角顔はボストン型を選ぶ

四角顔の就活生におすすめなのは、ボストン型のメガネです。

ボストン型のメガネがどのようなメガネかというと、一見ウェリントン型のメガネに似ていますが、ウェリントン型のメガネよりも丸みを帯びていて比較的大きなメガネですので、男女問わず四角顔の就活生には最適です。

また、目が大きな就活生でも大きめの形をしているこのメガネは、目とフレームとの間がしっかりと取れますので、違和感なくかけることもできます。

選び方5:卵型は薄型なら何型でも選べる

卵形と呼ばれる輪郭の就活生は薄型のメガネであれば、わりとどんなメガネでも似合うのが特徴的です。

ですので、ZoffやJinsといったメガネ専門店に行って、自分の輪郭に似合う薄型のメガネを選ぶのがおすすめです。

その際に柄入りなどの派手なフレームや厚みのあるフレームなど、ファッションアイテムの1つになってしまうようなデザインのメガネは、就活には不似合いですので酒るようにしましょう。

分からない際には、その店の店員に聞いてみることをおすすめします。

就活で気をつけたいメガネのマナーとは

就活におけるメガネのマナーについて、気をつけておきたいポイントを、以下の3つをピックアップしてご紹介します。

メガネをかけて就活をしようと思っている就活生は、特に必見です。

・マナー1:メガネの汚れや歪みに気をつける
・マナー2:色付きレンズ/柄付きフレームは避ける
・マナー3:面接のメガネは写真と同じにする

マナー1:メガネの汚れや歪みに気をつける

就活でのメガネに対するマナーの1つとして挙げられるのが、メガネの汚れや歪みです。

特にメガネのレンズの部分は指紋や雨などで濡れたり汚れたりしてしまいがちです。

清楚でフレッシュな就活生の印象を与えるためにも、メガネのレンズ部分には常日頃からしっかりと気を配っておく必要があります。

また、メガネのフレームなどの歪みがあっても、意外とそうした細かい箇所にも企業側は目を光らせている場合もありますので、こまめにメガネ全体をチェックして早めにメンテナンスしておくようにしましょう。

マナー2:色付きレンズ/柄付きフレームは避ける

就活におけるメガネのマナーの1つとなるのが、色付きのレンズや柄付きのフレームのメガネは使用しないということです。

サングラスのような色付きレンズのメガネや柄付きのフレームのメガネは、主にファッションアイテムの1つであるファッションメガネとして印象を受け取られがちで、就活用としては不適切です。

ですので、普段はそうしたメガネを使っている就活生は、就活用に1つ新しいメガネを購入しておきましょう

せっかく就活の面接などで実力を発揮したとしても、メガネをはじめ身なりがきちんとできていないと台無しになってしまいますので、注意が必要です。

マナー3:面接のメガネは写真と同じにする

メガネはメガネの有無にかかわらず、そのデザインでも人の印象を変えがちです。

そのため、就活主には面接で使用するメガネは、書類と同じメガネを使用するようにしましょう。

メガネの形やフレームなどの色などでも就活生のイメージを変えてしまいがちですので、できれば面接だけでなく就活をしている最中はずっと同じメガネで就活をすることをおすすめします。

就活時にメガネとコンタクトで印象が変わるか

就活におけるメガネ事情においては、コンタクトにしても印象は大して変わりません

就活生によっては今までにコンタクトをつけたことがない、目を傷つけそうで怖いなどという理由からメガネを使用している就活生もいますが、そういう就活生は無理にコンタクトにせずにメガネをかけて臨みましょう。

また、普段からメガネのみ使用していたり、場面に合わせてメガネとコンタクトを使い分けたりしている就活生は、メガネでもコンタクトでも構いません。

ですが、先程も少し解説したように就活の写真がメガネの姿にもかかわらず、面接にコンタクトで行ってしまうと印象も大きく変わってしまう場合がありますので、就活中はメガネかコンタクトのどちらかに統一しましょう。

就活用のメガネを選ぶ時の3つの注意点

ここからは、就活用のメガネを選ぶ際の注意点を、以下の3つをピックアップして解説していきます。

・注意点1:流行りの柄フレームは選ばない
・注意点2:原色系の明るい色を選ばない
・注意点3:太すぎるフレームを選ばない

注意点1:流行りの柄フレームは選ばない

メガネにおいても、他のファッションなど同様ブームというものが存在します。

ですが、就活をする際にメガネのブームはまったく関係ありませんので、そうしたものに流されないように注意が必要です。

特に流行りの柄フレームなどは、絶対に選ばないようにしましょう。

あくまでも社会人の1人として選ぶメガネですので、プライベートのメガネとはしっかりと切り離した考えで選ぶことが大切です。

注意点2:原色系の明るい色を選ばない

就活をする際にメガネに対する注意点の1つとして挙げられるのが、メガネのフレームの色です。

メガネのフレームの色によっては、人の印象を大きく左右する場合があります。

特に就活の際のメガネは、原色系の明るい色にあたる赤や青、緑や紫といったようなファッションメガネとして使えるような色のフレームのメガネは厳禁です。

普段そうした赤や青といった明るい色のフレームのメガネを使用している就活生は、それは就活には使用せず新しく就活用にメガネを購入するようにしましょう。

注意点3:太すぎるフレームを選ばない

就活用のメガネにおける注意点の1つとして挙げられるのが、フレームの太さです。

ある程度の太さまでは構いませんが、あまりにも太いフレームのメガネなどは、これもファッションメガネに通ずるものがありますので、就活のマナーとして外れない程度の太さのフレームのメガネを選ぶようにしましょう。

またメガネのフレームが太いと、就活生によっては輪郭を強調しすぎてしまったり、堅い印象を与えてしまいかねませんので、メガネ専門店で店員に相談するなどして就活用のメガネを選ぶようにしましょう。

就活で好印象を与えるメガネのフレーム色や素材は

就活のメガネ事情において、やはり他の身なり同様好印象を与えるメガネというものが存在しています。

就活にはどのようなメガネが好印象を与えるのか、以下の2つをピックアップしてご紹介します。

・1.色は黒・紺・茶のダーク系が良い
・2.太さや素材は印象に合わせると良い

1.色は黒・紺・茶のダーク系が良い

就活をする際のメガネの色として好印象を与えやすい色として、黒や紺色、ダークの茶色系がおすすめです。

黒や紺色では輪郭や顔の雰囲気で印象がキツくなりすぎたり、メガネが浮きすぎてしまうという就活生は、ダークの茶色系を試してみましょう。

ダークの茶色系は、黒や紺色に比べて少し柔らかい印象になりやすく、穏やかで優しそうな雰囲気を出してくれる場合もあります。

また、メガネのフレーム自体が輪郭や顔の雰囲気の関係上あまり似合わないという就活生は、比較的メガネのフレームが薄く、比較的目立たないようなデザインのものもおすすめです。

そうしたメガネを選ぶことで、メガネが浮いて強調されすぎず、就活生によってはすっきりとした印象を与えることもできます。

ですので、ZoffやJinsといったメガネ専門店に行って、実際に様々なメガネをかけて試してみるといいでしょう。

2.太さや素材は印象に合わせると良い

就活用のメガネのフレームの太さや素材は、その就活生の印象によって合わせると、メガネが浮くことなく違和感なく使用することができます。

就活という社会人の1歩ともなる大舞台では、男女共にメガネを含めた身なりをはじめ、様々なところに気を遣わなければなりません。

そんな就活の中でも、やはり顔の周りの印象を変えることができるメガネは、1番気遣ってもいいと言ってもいい程です。

そのため、どのようなメガネのフレームの太さや形、素材などが就活生自身の印象に合っているか分からないという場合には、ZoffやJinsといったメガネ専門店に行って、実際に店員などからアドバイスを受けながら選ぶこともおすすめします。

場合によっては、細めのメタルフレームなどちょっとしたおしゃれをできる場合もありますので、ぜひアドバイスを受けながら選んでみましょう。

就活で失敗しないメガネは顔型に合わせると選びやすい

ここまで、就活におけるメガネ事情をいろいろ解説してきましたが、結論として就活で失敗しないメガネ選びは、顔型に合わせると好印象になるものを選びやすくなります。

それに加えてフレームの素材や色、形といったものをしっかりと吟味して、就活をしても恥じないような自分に1番似合うメガネを選ぶようにしましょう

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事