楽天の就活・事業を解説!楽天に内定するための軸や面接の質問も解説!

楽天の就活には、会社の事業をしっかりと把握しておくことが大切です。軸のある就活で、楽天の内定に挑戦しましょう。楽天の面接の対策の一例や、学歴や必須の資格はあるかなども紹介していきます。

楽天の就活には軸をはっきりさせておくことが重要!

楽天への就活は、しっかりとした事前調査と、軸のある活動・志が大切です。

就活の軸となる、自分なりの〝基準〟を明確にして、楽天でどう活かせるかを考えることが重要になります。

自分の基準が、楽天の求める理想の人材とかみ合っているかもチェックしましょう。

就活生必見!楽天が求めている人材をチェック

楽天は「起業家精神」「楽天主義」「世界的規模」などの活動を実践する、躍進的な企業です。

自分たちでビジネスの世界を切り開いてきた実力のある企業で、今もなお、新たな分野に力を注ぎ続けています。

挑戦的な志や探求心、起業家精神のある人材が好まれます。

発展・進歩・革新を楽しむ心も求められています。

楽天が求めている人材について知ることは、エントリーシートを作るときの参考にもなります。

エントリーシートは、面接の際にも自身の資料として使ってもらう、大事な応募用紙です。

もちろん、楽天の求めている人材の理想像にぴったりと当てはまるように自身の経歴を偽ってはいけませんが、上手に言い換えて自分を効果的にアピールするのは立派な戦術です。

楽天のエントリーシートには、学生時代の活動に関する設問が多い傾向があり、「自分の活動と、その結果」を具体的に記述するチャンスがあります。

自分の活動が楽天にどう生かせるかをしっかりとアピールでき、企業に就職した今後の活躍を想像させるような、具体的で印象強いエントリーシートが理想的です。

ポイント1: 楽天主義に共感できる人


楽天主義は、企業の掲げるコンセプトです。

楽天主義には、ブランドコンセプトと成功のコンセプトの二種類があります。

ブランドコンセプトである「大義名分」「品性高潔」「用意周到」「信念不抜」「一致団結」の五つの言葉の理解を深め、企業の方針を徹底的にリサーチしましょう。

楽天主義は企業全体の目標・指針でもあるため、これに反する考え方の人は楽天に向いていないと思われてしまう可能性があります。

楽天主義には「成功のコンセプト」では、仕事へ取り組む姿勢について言及があります。

ふたつのコンセプトには、必ず目を通しましょう。

また、楽天の倫理憲章も必ず一読しておきましょう。

ポイント2: 行動力のある人


楽天は、新しい分野に積極的に挑戦している企業です。

志だけでなく、実際に仮説を元に計画を立て、動くことができる人材が求められています。

楽天の企業理念は、楽天の主力事業である「楽天市場」の生い立ちから来ていると推察できます。

楽天市場は、顧客にインターネットで買い物を指せるのは難しいといわれていた時代に、はじまりました。

楽天は、周りが事業参入を渋っている間にインターネットショッピングへ可能性を見出し、なぜ難しいといわれているのか問題点を洗い出して検証・挑戦をし、今や誰もが知る大型インターネットショッピングモールとなって大成功しています。

楽天では「第二の楽天市場」を生み出すために、不可能といわれる分野への挑戦をする野心や、問題点の適切な把握と解決策を生み出す力などが重要視され、仮説が立ったら徹底的な検証も行い最終的には事業の効率化・システム化まで行えるような、パワフルな行動力が求められています。

楽天の面接で出される質問


楽天の面接の出題傾向は、オーソドックスな質問が多いです。

オーソドックスで基本的な質問は、個人の力を出しやすい場面でもあるため、企業の事前調査をどれだけしたか・どのように自分をアピールするかの「計画性」が現れます。

出題傾向を把握しながら、計画的に面接対策を行いましょう。

質問1: 志望動機に関する質問


志望動機に関する質問は、就活時の計画と入社後の目標に関しては、必ず対策が必要です。

「どういう動機で会社選びに取り組んだか」という就活時の計画と、「今後、入社して何をしたいか」という目標を具体的に言葉にしておきましょう。

質問2: パーソナリティに関する質問


面接でのパーソナリティに関する質問では、人格者であるかも見られていますが、「個人の素質」も重視されます。

自分の強みが何かを把握し、生かし方を心得ているかどうかや、自分の弱みとその対策などのエピソードから、素質が現れます。

また、自分が得意でない分野・状況に置かれた時にどういう行動をとるか、という傾向の質問も見られます。

将来に関する質問もあるため、目標を具体的に答えられるようにしていると良いでしょう。

全体的に、企業の方針・指針に反しない答えをすることが重要です。

質問3: 楽天・IT業界に関する質問


楽天での面接は、当然「楽天」に関する質問も出ます。

楽天に関する質問は、「企業の強みと弱み」「他企業との比較」などの就活時に行ったはずの、企業への調査とその結果や「自分が楽天市場へ出店するなら」「楽天で新しい事業をするなら」などの計画・目標も聞かれる場合があります。

楽天で働く人たちについての質問も出される可能性があるため、社長やその他の上役についても少し対策が必要です。

そして、楽天で働くには英語技能が必要です。

入社までにTOEICスコア800点以上が必要なため、英語への苦手意識が無いか、現在の英会話の実力はどのくらいかも重視されます。

また、楽天はIT業界に含まれる事業を数多く展開しています。

IT業界に関する質問も出題されるので、売上の傾向や顧客意識の変容などを調査し、ウェブサービスの今後を考察するなど、業界全体をカバーするような幅広い質問対策を練っておきましょう。

質問4: 学生時代に関する質問


学生時代に関する質問では、在学中の目的・目標や、何になぜ励んだのか、それを今後どう活かしていくかの計画性が問われる傾向にあります。

また、挫折経験はあったか、乗り越えるためにどういう行動をとったか、問題と解決方法についての質問もある可能性があります。

学生時代に関する質問は、高校生や中学生の頃にまでさかのぼる場合もあるため、過去の経験を思い出してまとめておくなどの対策が必要です。

楽天の就活に関する倍率・難易度・出身大学はどうなっている?


楽天の就活について、倍率と、出身大学の傾向はどうなっているかを紹介します。

倍率は30倍以上


楽天は知名度もトップクラスの大企業であり、志望者も相当な数になります。

毎年の採用人数は約300人ほどとかなり多いのですが、あらゆる人が内定を狙うため倍率は跳ね上がり、驚異の30倍以上にもなることもあるため、楽天への就活は難関を極めます。

また、楽天は毎年、男女の採用数をほぼ同数にしています。

日本人以外にも、海外からの就活生も積極的に採用しようとしており、実力があるなら誰にでも平等にチャンスがあります。

出身大学は幅広い


楽天は、早稲田大学や慶応大学の出身者が多い傾向がありますが、日本国内はもちろん、海外の大学の出身者も含め、様々な大学の出身者が働いています。

このことからは、有名大学から卒業したから内定をもらえるわけではなく、その他の要素も重要視されていることがわかります。

採用人数が多いため様々な学校の出身者が集まるので、学歴のみが内定に有利に働いている傾向は少ない印象です。

就活する前にチェック!楽天グループの事業内容


楽天はEC事業(電子商取引)を中心に、様々な分野の事業を幅広く手掛けています。

数多ある事業内容から主要なものを、おおきく5つにわけて紹介します。

事業内容1: EC事業


EC事業(電子商取引)は、楽天の主力事業です。

楽天の主力事業は、わずか十数店舗の登録からはじまった電子世界の巨大なショッピングモール「楽天市場」です。

楽天市場は、「インターネットショッピングの事業は失敗する」といわれるのが常な風当たりの強かった時代に、楽天がインターネットショッピング事業に可能性と将来性を見出して、チャレンジしようと参入したことからはじまります。

なぜ失敗するといわれるのか、問題点の分析と改善方法を模索し続け、検証を繰り返しながら慎重かつ素早く事業を進め、今や誰もが知る大手のネットショップとなりました。

なぜ楽天は成功したのかは、ビジネスの分野において考察の価値がある、革新的で重要な歴史の1ページです。

楽天への就活では、EC事業の業界自体の考察や、楽天市場と他社のネットショップとの比較なども行い、「楽天」に関する情報と自身の見解をまとめておくことが大切です。

事業内容2: 通信事業

楽天の通信事業は、格安で話題を呼んだ「楽天モバイル」が代表的です。

楽天モバイルは、ネットワーク(MVNO)にドコモ回線とau回線を利用していましたが、2019年から自社回線(MNO)へ順次移行する動きが出ました。

次々と新たな形式に変えていく挑戦・革新の動きは通信事業でも健在で、楽天への就活が大成したら、今後の展開に関われるかもしれないという楽しみも見出せます。

事業内容3: 金融事業


楽天の金融事業は、楽天銀行・楽天証券・楽天カードがメインです。

楽天銀行はネット銀行で、サービスの利用に応じてポイントも貯まる、最大級の銀行になります。

楽天カードは、楽天市場の利用者であればさらにお得に使えるサービスもあるため、楽天ユーザーにはとても重要なものになっています。

楽天証券は、投資活動が行えるサービスです。

100円から投資活動が行えるので、初心者でも気軽に参入できます。

また、投資信託も楽天で行えるようになっており、金融事業のサービスも充実しています。

楽天の主な功績として、EC事業の楽天市場の成功が目立つ印象がありますが、金融事業も主力と言っていいほどの大きな力があります。

楽天の就活で言及する必要があるかもしれないため、金融事業も一通りの事前調査が必須になります。

事業内容4: エンターテインメント事業


楽天は、「楽天トラベル」「楽天競馬」「楽天toto(高額当選くじ)」「楽天チケット」「楽天TV」などのレジャー・エンターテインメント事業にも力を入れています。

この分野も人間の暮らしに密接につながっており、幅広く奥深いため開拓の余地は無限大です。

今後、楽天はレジャー・エンターテインメント事業もさらに拡大することも予想されるので、就活のときに知識をつけておくといいでしょう。

事業内容5: スポーツ事業


楽天は、「楽天GORA」というゴルフに関するサービスもあります。

「東北楽天イーグルス」という野球チームや「ヴィッセル神戸」というサッカーチームもあります。

チームの勝敗に連動した「楽天市場」のポイントサービス行っており、スポーツの分野でも非常に盛り上がっています。

楽天に入社するためにはTOEICが必須?


楽天は必要な場面で英語を使うため、TOEICスコアがあると良いでしょう。

海外とのやり取りが必要な場面で、翻訳の手間を省けるなどの大きなメリットがあるため、楽天の社員は英語が必須技能になっています。

TOEICスコアがなくてもエントリー可能


楽天のエントリーには、TOEICスコアを持っていることが必須条件ではありません。

とくにエンジニアは、英語では繊細な表現が伝わらず、直接「失敗」に結び付くこともあり、必要に応じて日本語でのやり取りになります。

しかし、英語に消極的な姿勢は好まれません。

楽天の社内公用語に英語を採用する動きが出た時は、社内全体が率先して英語を学ぼうとした姿勢が見られました。

TOEICスコアが無い場合は、今後のために勉強しましょう。

入社までに800ポイント取得することが必要!


楽天は、TOEICスコアがなくてもエントリーができますが、入社までにTOEICスコア800点以上が必要になります。

楽天の社員も、ほぼ100%の人がTOEICスコア800点以上を獲得しており、英語に対して積極的な姿勢をとっています。

TOEICスコア800点以上は、楽天で働くための必須条件になります。

内定後のサポートもあるため、上手に活用しながらスコア取得を目指しましょう。

楽天の就活には十分な面接対策が必須


楽天への就活は、企業の方針を把握した計画的な自己アピールが必須です。

対策をしっかり行って、有利な状況をつくり出しましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事