就活が怖い・動けない・泣く!就活恐怖症の3つの原因と対策方法を紹介!

就活をしていくうえで、今までに感じたことのないプレッシャーなどから、就活が怖いと感じてしまう就活生も多いのではないでしょうか?そうした就活が怖いという症状は、就活恐怖症とも呼ばれています。そんな就活が怖いと思ってしまう就活恐怖症とはなんなのか、どのような対策をすればいいのか、解説していきます。

Contents

人生を左右する就活を怖いと感じる学生も多い

就活は、時として自分の人生をも左右する場合もあることから、そこから生まれる底知れぬ不安や怖いと感じる就活生も少なくはないのが現状です。

例えアルバイトなどで社会の中でいっとき働いていたとしても、就活は全く別ものですので、大半の就活生にとって、自分の将来がそのままのしかかってくるような就活は、怖いと感じても何らおかしくはありません。

そんな就活生が、就活が怖いと感じてしまう原因やその対策をこれから解説していきます。

”就活が怖い”と感じる就活恐怖症とは

就活生がよく思いがちな、就活が怖いと思ってしまう症状のことを就活恐怖症といい、簡単に言い表すと就活時に表れるうつ症状のことです。

そんな就活恐怖症とは、今までに感じたことのないプレッシャーや先が全く見通せないような漠然とした不安に執拗以上に襲われて、ネガティブな思考になりがちになってしまったり、健康にも悪影響を及ぼすような状態になってしまうものです。

症状は個人差にもよりますが、軽度であったり重度であったり、その人の今までの生活環境や考え方なども、その就活恐怖症に大きく影響する場合があります。

そうした場合には大抵その人の雰囲気や言動に出る場合もあることから、周りの人も就活生の表情や言動に注意を払って見守ることが必要となります。

”就活が怖い”と感じる就活恐怖症の症状

では、実際に就活生が就活が怖いと感じてしまう就活恐怖症の症状を、以下の4つをピックアップしてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

・症状1:起きれないほど気分が沈む
・症状2:食欲が湧かない日が続く
・症状3:精神的に思いつめて泣くことが多い
・症状4:何をするにも無気力になる

症状1:起きれないほど気分が沈む

就活生によくある就活恐怖症の症状の1つとして、朝起きられないほど気分が沈んでいる場合があります。

人は精神的に追い詰められてしまうと、体が自然と重くなってしまって朝でも起き上がる気力がなくなってしまう傾向にあります。

それは就活生も例外ではなく、就活が怖い、漠然とした不安を感じるなど、そうしたネガティブな考えなどから精神的に過度の負担がきてしまい、朝起き上がれなくなってしまう場合もあります。

就活生の中には、不安や怖いという感情から夜寝付けずに睡眠のサイクルが狂ってしまって朝起きられないという場合もあります。

症状2:食欲が湧かない日が続く

就活恐怖症を思わせる就活生に出がちな症状の中には、普段と異なりあからさまに、もしくは徐々に食欲減退もしくは食欲がまったく湧かない日が続くということもあります。

朝ごはんや夕飯など、食欲が湧かない日が続いているという自覚がある場合、それは就活恐怖症に陥っている場合がありますのでそのままにしておかずに、その後の就活のことも考え、早め早めに対処していくことが必要です。

症状3:精神的に思いつめて泣くことが多い

就活恐怖症の症状のうち、よく出がちな症状の1つとして、底知れぬ不安や怖いと思う時間が多い場合に精神的に追い詰められてしまい、涙もろくなってしまったり、もしくは泣いてしまうことが多いということが挙げられます。

特に、1人で部屋にいるときに何もかもがマイナス思考になってしまい泣いてしまう就活生は、この就活恐怖症である可能性もありますので注意が必要です。

泣くことでスッキリして前に向ける就活生であればいいですが、それ以上に就活を怖いと思ってしまいより精神的に追い詰められてしまう就活生は、できるだけ1人になるようなことはせずに家族と一緒に過ごして、就活に対する不安などを積極的に話すように心がけましょう。

症状4:何をするにも無気力になる

就活恐怖症によく出がちな症状の1つとして挙げられるのが、何をしようにも無気力になってしまったり、ぼんやりしてしまうことが増えることです。

ネガティブな思考にならない代わりに、体が極端に鈍ったり動きたくないと思ってしまったり、就活自体がめんどくさくなってしまったり、投げ出しがちな思考になる場合もあります。

この無気力やぼんやりとしてしまう症状も、就活が怖いなどと精神的に追い詰められすぎてしまった結果の症状であり、分かりやすく表現すると心身が凍結されてしまったようになってしまっているので、周りからの言葉なども入ってきにくくなってしまいます。

そうした無気力状態の際には、個人差にもよりますが、無理に就活を続けようとせずに一旦やめて気分転換など息抜きをすることが大切です。

その際、家族など周りの方も、就活を急かすような言動はご法度です。

”就活が怖い”と感じる根本的な原因は

就活生が、就活が怖いと思ってしまう根本的な原因を、代表的なものとして以下の3つをピックアップして解説していきます。

・原因1:選考に通らないプレッシャー
・原因2:企業選びが人生を左右する不安
・原因3:緊迫した雰囲気で感じるストレス

原因1:選考に通らないプレッシャー

就活生が就活が怖いと思ってしまう原因の1つとして挙げられるのが、企業を受けても選考が通らないというプレッシャーです。

時として就活の氷河期と呼ばれるようなタイミングで就活をすることになった就活生にとっては、まさにこの連続ではないでしょうか?

時には1人あたり受ける企業数が膨大な数になってしまったり、最初はやる気があった就活生であっても、やはり長引けば長引くほど精神的に追い詰められ、選考に通らないことから就活を怖いと思ってしまう就活生も少なくはありません。

ですが、ここで大事なのは自分だけが多くの企業を受けているのではなく、みんなが同じ就活への不安やプレッシャーを抱えて頑張っているのだということです。

どうして自分だけ、という考えを持ってしまうと就活恐怖症にあっという間に引きずり込まれてしまいますので、常にみんな同じように苦労しているんだという考えを心に留めておくようにしましょう。

原因2:企業選びが人生を左右する不安

就活生が就活を怖いと思ってしまう理由の1つとして挙げられるのが、企業選びが人生を左右してしまうのではないかという、未来を見据えた際の、まさにお先真っ暗と言わんばかりの不安が募ってしまうことです。

確かにその就職した企業で長年働けることが1番ですが、社会で働く先輩たちの中には、途中で自分のしたいことが変わったり、新たに夢を持ってそちらに進んでいく方も多くいます。

言ってしまえば、自分の人生は自分だけのものですので、最終的には自分の目指すものに向かって悔いのないように進んでいくのが1番です。

就活はそのためのスタートラインに過ぎませんので、あまり重く考えずに、まずは将来の自分を見据え、1人前の社会人として成長できるそのステップとして就職をしてみましょう

就職した先で、また新たに自分がしたいことが見つかった際には、またその都度別の道を探って後悔のない道を進んでいきましょう。

原因3:緊迫した雰囲気で感じるストレス

就活は、緊張感やプレッシャーといった独特の緊迫した雰囲気が、自分にも周りにも漂う期間でもあります。

その独特の空気感や雰囲気にのまれてしまうと、精神的に追い詰められて過剰なストレスを感じてしまい、就活が怖いと思ってしまう就活生もやはり多くなる傾向にあります。

特に就活は長期的なものですので、余計にストレスなどを感じやすくなってしまいます。

ですので日頃からストレスを感じやすい方は、こまめに気分転換をして、そうした雰囲気やストレスを一旦遠ざけるように心がけましょう。

”就活が怖い”とストレスを感じる場面とは

では、実際に就活生がどのような時に就活を怖いと感じるのか、以下の4つのポイントをピックアップして解説していきます。

・場面1:企業説明会の時
・場面2:面接の時
・場面3:採用結果を受け取る時
・場面4:一人で就活のことを考えている時

場面1:企業説明会の時

就活生が就活が怖いと感じる場面の1つとして挙げられるのが、企業説明会の時です。

企業説明会の際に何が怖いと就活生を感じさせるかというと、1つの要因として、企業の説明などではなくそれを聞きに来ている就活生の独特の雰囲気が挙げられます。

自分自身もピリピリしたような雰囲気を纏っていますが、それは周りの就活生も同じです。

そのため、独特の緊張感を纏った就活生たちが多く集まる企業説明会は、周囲の雰囲気にのまれやすい就活生にとっては、就活を怖いと感じてしまう環境の1つとなってしまいがちです。

場面2:面接の時

面接の際になぜ就活生が就活を怖いと感じるかというと、就活生によっては面接官からの積み重なる質問攻めのような雰囲気に圧迫感を感じてしまう場合もあります。

時としてそれは圧迫面接とも言いますが、そうした普段では感じることのない圧力を、上からかけられたような感覚になるような独特の就活の面接は、例え質問攻めでなくてもそう捉えてしまって就活を怖いと思ってしまう就活生も少なからずいます。

また、面接官ではなく先ほどの企業説明会同様、就活ならではの独特の雰囲気を持った周りの就活生にのみ込まれてしまいがちな就活生は、周りの就活生の発言などから伝わってくる必死さなどがプレッシャーとなってしまい、就活が怖いと思ってしまう方も就活生もいます。

場面3:採用結果を受け取る時

就活生が就活のことを怖いと思う理由であり、1番怖いと感じてしまうタイミングでもあるのが、選考の採用結果を受け取る時です。

選考結果はメールや電話など、選考の段階にもよりますがやはり1番緊張してしまうものです。

大手ともなると採用する人数も多いですが、その分その企業を受ける就活生も増えますので、倍率はとんでもない数字になる場合もあります。

そのため選考から漏れてしまうことも多く、そうした選考結果を聞いたり目の当たりにしたりという日々が当たり前になってしまう就活生がほとんどです。

それが当たり前だと思って就活している就活生はいいですが、やはり不合格の通知ばかりを目の当たりにすると精神的に追い詰められる就活生も多く、その結果就活が怖いと思ってしまう就活生が多いのは否めません。

ですが、就活は実力はもちろんのこと、最後は運とも言うべきものですので、気負いすぎることなくそこでできる全てのことを後悔なくやり尽くしたうえで結果を待つようにしましょう。

そして万が一選考から漏れてしまっても、やるべきことは全てやったのだからそれを次に活かして頑張ろうという、そういう心持ちで頭を常に切り替えながら就活をしましょう。

場面4:一人で就活のことを考えている時

先ほどの選考に連続で漏れたりしてしまうと、どこで自分がダメだったのかなど自己分析を行う就活生も多いのではないでしょうか?

そうした際には、1人で就活のことを考えている就活生も多い傾向にありますが、客観的な自己分析などはしても、そこからネガティブな考えや感情に繋げてしまうのは厳禁です。

特にそうした選考で漏れてしまうことが続くと、就活生の中には自分は社会には必要ないのではないか、という極限状態まで精神を追い詰めてしまう就活生も少なくなく、そこから就活を怖いと心底思ってしまう傾向にありますので、1人で就活のことを考える際には注意が必要です。

選考から漏れた際の反省をする際には、あえて家族など人と一緒に反省点を言葉に出していき、それ以上のことはできるだけ考えないようにしましょう。

”就活が怖い”という気持ちを克服するための対策方法

就活が怖いと思ってしまいがちなその気持ちを克服するための対策として、以下の3つをピックアップしてご紹介します。

・対策1:説明会や面接の前には事前準備をする
・対策2:自信を持ってアピールできることを探す
・対策3:複数の企業を受けて免疫をつける

対策1:説明会や面接の前には事前準備をする

就活が怖いと思っている就活生にとって、1度つまずいてしまうと、動けない、もしくは怖いと感じてしまってもう1歩が踏み出せないという事態に陥りかねません。

そうならないためにも、説明会や面接の前には必ず事前準備をしておくことが大切です。

特に動けない、怖いと感じるために踏み出せないと感じてしまう就活生は、自分のしている準備が少ない場合にも起こりえます。

そのため、自分なりに全てできることはやったと自分自身が断言できるまでしっかりと事前準備は怠らないように心がけましょう。

特に新型コロナなど不測の事態でより追い詰められやすくなってしまう場合もありますので、自分で事前準備をするのが不安だという際には、家族などに手伝ってもらってするようにしましょう。

対策2:自信を持ってアピールできることを探す

就活を怖いと思わないためにも、自信を持ってアピールできることを探すことはとても大切です。

自分自身で思いつかない場合には、家族や友人などに聞いて自分の長所やアピールできるポイントなどを一緒に探すのも効果的です。

自分のことは自分が1番分かっていると思いがちですが、意外と1番分かっていないのが自分自身である場合もあります

その分、家族や友人などが自分では死角になっている部分に気づいてくれていたりする場合もありますので、積極的に身近な人に聞いてみるようにしましょう。

対策3:複数の企業を受けて免疫をつける

塵も積もれば山となるという言葉がありますが、就活が怖いと思っている就活生におすすめなのが、とことん企業を受けて免疫をつけることです。

経験値が何よりも、その人を強くしてくれる糧となります。

負け試合からの方が得るものが多いというように、例え不合格の通知を連続でもらったとしても、それを先に活かすことができます。

そうしてその都度何が悪かったのかを客観的に反省して、それを2度繰り返さないようにしながら次の企業に臨むことが大切です。

そうすることで、いつの間にか就活が怖いと思わなくなる場合もありますので、おすすめです。

”就活が怖い” と感じるのは自分一人なのか

就活が怖いと思っているのは、自分だけなのかという悩みを抱える就活生も多いのではないでしょうか?

そうした就活が怖いと思ってしまう就活生の中でも、今回は面接に不安を感じる口コミをピックアップしています。

学校の面接だけでは不十分

学校の面接練習だけでは練習回数が不十分
何度か学校で面接練習をしたけど、自分としては全然足りてないと思う。友達は似たような立場だから一緒に練習できないし、これでいいのかと思ってしまう。就活って怖い。
20代 男性

学校で面接練習はするものの、やはり物足りないと思ってしまう就活生も多く、その練習の少なさから不安を抱いてしまい、就活を怖いと思ってしまう就活生も多い傾向にあります。

その場合には家族などにも協力してもらって、満足するまで繰り返し練習するようにしましょう。

圧迫面接に対して怖いと思ってしまう

圧迫面接の存在が怖い
選考で例え面接まで通ったとしても、圧迫面接に当たると受からない自信しかない。今までにそういうのを体験したことがないから余計に怖い。
20代 男性

SNSなどでたまに見かける昔から就活のキーワードの1つにもなっている圧迫面接のことを、怖いと思っている就活生も多い傾向にあります。

圧迫面接だと感じるかどうかは各就活生の捉え方にもよりますが、どうしてもこの会社に入りたいという熱意を持って臨むことが大切です。

いろいろな意味で面接が怖い

コロナと面接が怖い
コロナ渦中の就活での面接なんて今までに誰もしたことがないし、面接ももちろん怖いけど、コロナの面でも大丈夫なのかなと思ってしまう。あれだけニュースになると怖いとしか感じない。
20代 男性

新型コロナウィルスも重なり、面接を含めた就活だけを怖いと思うだけでなく、コロナの面でも就活に様々な不安や怖いと思ってしまう就活生はとても多い傾向にあります。

コロナに細心の注意や対策をしっかりとしたうえで、臨むことが大切です。

”就活が怖い” と感じる考え方を変える方法

就活中にはただでさえ周囲から多くの情報が入ってきてしまうため、パニックを起こしてしまい就活を怖いと感じてしまう就活生も少なくありません。

そうした就活が怖いと感じてしまう場合に、どのように考え方を変えればいいか、以下の3つをピックアップして解説していきます。

・方法1:落ち着いて考える時間を設ける
・方法2:事前準備をして自信を持つ
・方法3:就活の専門家に相談して悩みを解決する

方法1:落ち着いて考える時間を設ける

就活はとてもやることが多かったり、様々なことが起こってしまうため、そこから就活を怖いと感じてしまい、どうしても就活生が孤独になってしまいがちです。

きっとここまで追い詰められて就活を怖いと感じているのは、自分だけだと思ってしまいがちな就活生も少なからずいることでしょう。

そうして就活が怖いと思い始めて精神的に追い詰められてしまった際には、一旦就活でするべきことを全て置いて落ち着いて考える時間を設けることが大切です。

自分1人では落ち着いて考えられないという就活生は、家族などと一緒に過ごして何が不安なのか、今の自分の正直な話を打ち明けてみるのもいいでしょう。

そうすることで、人によっては安心したり落ち着ける場合もあります。

またSNSなどをよく利用する就活生は、同様に就活を怖いと感じている人たちなどの考えや気持ちなどを見ることで、自分だけが特別就活を怖いと感じているわけではないと改めて思うこともできます。

どうすれば自分の不安な気持ちや就活が怖いという気持ちを和らげることができるのか、それをまずは考えてみるといいでしょう。

方法2:事前準備をして自信を持つ

就活を怖いと思ってしまう就活生の中には、自分の就活に対しての事前準備が不十分である場合もあります。

それを就活生自身が感じている場合には、まずは自分が満足するまで事前準備をすることが大切です。

もし就活の事前準備は何をしていいか分からないという就活生は、家族などに具体的な方法を聞いたりインターネットなどで調べてみるのも効果的です。

あれやこれやを一気にしようとするとかえって事前準備すら手間取ってしまいますので、今日はこれをするといったようにしっかりと1日にする量を決めておいて、それ以上はしないようにして常に余裕を残しておくことが大切です。

方法3:就活の専門家に相談して悩みを解決する

就活が怖いと思っている就活生の中で家族などが仕事などで忙しく、そうした話題を共有することは難しい場合には、就活エージェントや学校の就活課などの就活の専門家を積極的に活用して相談してみるのもおすすめです。

就活では常に孤独の戦いだと思いがちですが、本当はそうではありません。

ですので、就活が怖いと孤独感を感じてしまう前に、そうした専門家にしっかりと頼って分からないことや不安に思うことなどがあればその都度相談してみるといいでしょう。

そうすることで的確なアドバイスがもらえたり、自分の次にすべきことが定まる場合もありますので、しっかりと活用することがポイントです。

就活恐怖症の症状が出た時はどうしたら良いか

もし就活が怖いという症状が酷くなってしまい就活恐怖症を発症してしまった場合には、焦らずに就活を一旦全て休んで家族など相談できる人に相談するようにしましょう。

家族などが仕事でそうしたまとまった話ができないという就活生は、そうした専門的なカウンセリングを受けてみたり、学校の就活課に相談してみるのもいいでしょう。

就活恐怖症は、1人で抱え込むのが1番よくありません。

ですが、中には相談を自分からするということをあまり得意としていない就活生もいますので、そうした場合には周りがその異変に気づいてあげるということも、とても大切です。

”就活が怖い”と感じるのは皆同じ 対策を実行して自信をつけよう

就活生が就活において怖いと感じることは、誰しもあることです。

大切なのは就活が怖いと思う前に、様々なことを事前準備して対策しておく必要があります。

その対策を上手く駆使しながら、自分のペースで後悔のない就活を心がけて、目の前のことから1つずつこなして自信をつけていくようにしましょう

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事