そろそろ就活が始まる・・・。そんなときに迷うことのひとつが、髪型ですよね。特に男性は、普段から黒髪だけど、どこを変えれば良いのか?普段は茶髪だから、黒染めすれば良いのか?長さは切った方が良いのか?疑問はつきないことでしょう。そんな皆さんのために、男性が最善のコンディションで就活に臨むために、髪型で気をつけるべきポイントをご紹介していきます!

男子就活生にとって髪型は第一印象を決める大事なツール!

人間がどうしても影響されてしまう「第一印象」

第一印象が私たちに与える影響はとても大きいというのは、皆さんも生きていて感じるのではないでしょうか。出会ってから、何年も付き合いが続けば第一印象が間違いであったことに気づくこともありますが、就活は第一印象を覆らせるほど長時間コミュニケーションをすることは難しいです。つまり、多くの場合第一印象がそのままあなたの印象になるわけです。

もちろん、人事の方は第一印象だけでなく、就活生の皆さんの話す内容で採用の判断をしようとしてくれます。しかし、見た目や印象にまったく影響されないということはありえませんし、清潔感などの見た目からの情報もむしろ判断の基準としてしっかり見ている企業が多いです。

つまり、就活において身だしなみを整え、相手にさわやかな印象を与えることはとても大切なことなのです。

第一印象を良くするためのポイント

第一印象の良さには、ふたつのことが影響します。ひとつは、表情や身のこなしなどの、言うならば「内」の部分。そしてふたつめが、今回のテーマである髪型や服装などの身だしなみ、「外」の部分です。

このうち、表情や仕草を一朝一夕で変えるのは難しいですが、髪型などの身だしなみは、誰もがすぐに変えることが出来る、簡単に第一印象を良くできる便利なツールです。女性の場合も、就活生向けのメイク講座などが人気だったりしますよね。これも、男性でいう髪型のように、女性にとってはメイクが印象を簡単に変えるツールだからです。

「就活だから」と意気込みすぎる必要はないですが、少し変えるだけで他人に対して良い印象を与えることが出来るかもしれない、ありがたい要素です。なので、ぜひ一度自分の髪型について考えてみて下さい。服装や髪型、メイクが少し変わるだけで、「印象」は大きく変わります

髪型が第一印象に与える影響

髪型は、第一印象にとても大きく影響します。就活中は、みんなが似たようなリクルートスーツを着ていて、みんなが同じような黒のバッグを持っています。つまり服装で差をつけるのはなかなか難しいですし、男性はメイクをすることも出来ないので、髪型をきちんとしたものにすることが「良い印象」を与えるための一番の近道です。

実際、同じ顔でもかっちりした短髪と、パーマをかけたスタイルと、耳や肩にかかる長髪では、どれが良い悪いではなく、印象が本当に違いますよね。場合によっては髪型が大きく違うと、同じ人だと気づかないかもしれません。

つまり、逆に言えば、髪型ひとつで印象は大きく変えられる、ということです。男性の就活中の髪型は、「きちんとしなければいけない」と気負うものではなく、「簡単に印象を変えられる便利な身だしなみ」と思いましょう。

清潔感が第一!絶対にNGな男子就活生の髪型の例

まずは、男子就活生が気をつけるべきなNG髪型をご紹介していきます。ここで紹介した髪型を避けていただければ、後は基本的には自分の好みに合った髪型をしてしまってかまいません。「こうしなければいけない」という基準はそもそも無いのです。

【NG例①】清潔感のない長さ・色

就活が始まって、男性の髪型にもっとも影響するのが、この「長さ」と「色」ではないでしょうか。これはみなさん実践すると思いますが、まず、染めている人は黒髪に戻しましょう

茶髪や金髪は黒いスーツに合わないですし、黒髪に比べて清潔感が劣ることが多いです。また、毛先に以前染めていた色が少し残っている人も、少しだからと放っておかないで必ず染め直しましょう。2色が混ざった髪型というのは、清潔感が欠けて見えます。地毛が茶色い人は、必ずしも黒染めする必要はないですし、実際地毛のまま就活をしている人も居ます。どうしても心配ならば、真っ黒ではなく自然な黒に染めましょう。もともと髪が茶色い人は、漆黒の髪は顔に合わず、不自然になってしまうことが多いです。

長さは、基本的にはショートにすべきです。耳が見えていて、前髪も短めで目や眉が見えている方が、誠実で明るい印象になります。前髪を短くするのに抵抗がある人は、面接やインターンの日には顔がしっかり見えるように前髪をわけ、落ちてこないようにスタイリング剤を使いましょう。

【NG例②】過度なスタイリング剤

先ほど、前髪が長い場合スタイリング剤を使いましょう、と言いましたが、過度なスタイリング剤はNGです。ジェルやワックスでカペカペに固めた髪型は、就活に取って一番大切な「清潔感」が損なわれるので避けましょう。

た、男性にありがちですが、ワックスを多量に使うと髪にホコリや糸くずが付着してしまうことがあります。それを避けるためにも、過度なスタイリング剤を使わなければ完成しないような髪型は出来るだけ避けましょう。また、ワックスで盛り髪にするのも避けましょう。ある程度のセットにワックスを使うのはまったく問題ありませんが、清潔感や落ち着きが損なわれない程度の適度なセットにしましょう。

【NG例③】馴染んでいない不自然な髪型

一番意識してほしいのが、この「自然さ」です。就活だからといって、普段とあまりにも違う髪型をするのは良くないです。基本的にはいつもの髪型を自然な黒色にして、長さを邪魔にならない長さに整える、くらいの気持ちでいましょう。男性は結んだり出来ないので、慣れている髪型が一番です。

また、黒染めは出来れば自宅ではなく、美容室でしましょう。ドラッグストアで手に入る黒染め用の染め粉で自分で染めると、どうしても真っ黒になってしまいます。出来れば、美容室で「地毛の色に合わせて染めて下さい」「自然な黒髪にしてください」とお願いしましょう。

実践できる!就活で印象を良くする男性の髪型ポイント

「就活」にこだわらずとも、「清潔感」を意識すればOK

なにごとも、「就活のために」「もうすぐ就活だから」と思っていると、気がめいってしまう人も多いと思います。髪型は特に、毎日、一日に何度も鏡越しに目にする自分のイメージを大きく変える要素ですから、必ずしも気に食わない「就活ヘア」にする必要はありません。あまり就活にこだわりすぎず、「これから数ヶ月は清潔感のある髪型でいよう」くらいの気軽な気持ちで考えると気が楽です。

特に男性は、普段長めの髪型をしている人が、急に短髪することはかなり勇気のいることだと思います。耳や目はしっかり見えているべきですが、スタイルを工夫すればある程度長さを保って清潔感を出すこともできます。自分で考えるのは難しいと思うので、ネットでカタログを見たり、お客さんに学生が多そうな、たとえば大学の近くの美容室で就活に適した髪型にして下さい、とオーダーしたりしてみるのも手です。

とにかく意識すべきキーワードは、「就活」ではなく「清潔感」です。

「自然さ」第一!普段している髪型から離れすぎないことを意識する

ここまでで述べてきた通り、男性にとって髪型は印象を良くしたり、他人と差をつけるための大切な身だしなみの1つです。

ただ、皆と同じ髪型では印象が薄くなってしまいますし、就活のためにわざわざ自分に似合わない髪型や自分の趣味に合わない髪型にする必要はありません。個性を出すためにも、【NG例③】馴染んでいない不自然な髪型 でも述べた通り、普段の髪型から大きく変えるのではなく、いつもの髪型からかけ離れすぎていない、自分が鏡をみたときに違和感を感じない髪型にすることも大切です。その方が、面接前に移動で乱れた髪を手直しする際にも扱いやすいですし、ストレスの無い就活に繋がります。

【まとめ】素敵な髪型で好印象な男子就活生を目指そう!

いかがでしたか?髪型で悩んでいる男子就活生は少なくないと思いますが、あまり気負わず、「清潔感」をキーワードに爽やかな就活性を目指しましょう。一日に何十人もの就活生と対面する人事の社員さんにとって、面接室に入ってきた就活性が、パキッとしたリクルートスーツを着て、目や耳がしっかり見える清潔感のある髪型をしていて、爽やかな笑顔を浮かべている、それだけで第一印象は間違いなくプラスポイントになるはずです。上記のポイントを意識して、素敵な髪型で就活を迎えられるよう、頑張ってください!

よければ以下の記事も参考にしてみてください!Q&Aなどありますので就活生の悩みの参考になるはずです!

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事