最近、選考活動の中でよくみられるのがこの「グループディスカッション」。略してGDやグルディスなどとも呼ばれます。まだグループディスカッションをやったことのない人は、イメージがわきづらいかもしれません。そこで今回は、グループディスカッションとは何かをご紹介していきたいと思います。また、「これができれば必ず通過する!」という決定的な要因はありませんが、目的や人事が見ているポイントを知ることで、対策も可能ですのでそちらも是非参考にしてみてください。

①そもそもグループディスカッションとは?

グループディスカッションの定義

まず、グループディスカッションの定義からお話しします。一般的に、グループディスカッションとは、グループに与えられるテーマをグループで議論し、議論結果を発表することを指します。時折、発表はしなくてもよいというグループディスカッションもありますが、基本的には議論をまとめて、発表することが課せられる事が多いです。

また、企業によってはこの選考の過程のことを「グループワーク」と呼ぶこともあります。グループディスカッションは、テーマについて議論し結論を出したりするものですが、グループワークの中には共同で何かを作ったり、チームでなにか1つのことを行うという事例もあります。しかし、この2つの違いはあまり明確には定義づけされていません。なので、あまりその呼び名にこだわらず、両者とも与えられたテーマに複数の学生で挑み、人事はその議論や最終目標までの過程を評価する集団選考である、と認識しておきましょう。

グループディスカッションの流れ

グループディスカッションの基本的な流れを押さえておきましょう。

  1. チーム内で自己紹介をする。
  2. 人事担当者から、テーマや制限時間、ルールなどが伝えられます。
  3. ディスカッションスタート
  4. 個人ワーク→全体での話し合い
  5. グループでの意見をまとめる。
  6. 発表する。

①チーム内で自己紹介をする

ここでは学校名や氏名に加えて、簡単な志望動機なども言えるとgoodです。グループの人数は、5,6人であることが最も多いと考えられます。時々3,4人という少なめの人数であったり、8~10人という少し多めの人数の場合もあります。しかし、ほとんどの場合1グループ10人以下で構成され、それ以上の大人数になることはすくないと思われます。

③ディスカッションスタート

ここではまず初めに、司会や書記、タイムキーパーや発表者などの役割を決めておくとよいでしょう。人事担当者から、「役割を決めずにディスカッションしてください。」という指示があった場合は決めずに議論を始めましょう。また、制限時間内に結論を出せるよう大体のタイムスケジュールも決めておきましょう。

④個人ワーク→全体での話し合い

この流れが一般的と言えるでしょう。まず個人で資料を読み込んだり、自分の考えや意見をまとめたりして、その後全員でそれを共有します。

一般的な流れは以上ような流れです。しかし、テーマややり方によって少しずつ違ってくることもあります。

注意点
①グループディスカッション当日について
グループディスカッション当日は、なるべく早く会場に到着することをおすすめします!普通の説明会や個人面接であれば、集合時間の10分ほど前に到着すれば良いと思われますが、グループディスカッションでは、早く着いた人からグループの人たちと雑談を交わし結束を固めていることがほとんどです。
ディスカッションが始まる前に自己紹介の時間が設けられてはいますが、ほとんどの人がそれより前からグループ内での交流を深めています。議論する際に、自分がグループになじめているかいないかというのも大事な要素になってくるので、当日は早めに行ってグループの人と仲良くなっておきましょう。

②心構えをしっかりと!
後ほど詳しく説明しますが、資料を読み込む系のディスカッションでは必ず個人ワークの時間が与えられます。そうでなく、自分の考えや事前に調べてきたことなどを議論する場合は、いきなり全体での話し合いに入る場合もありますので、その心づもりもしておきましょう。

②グループディスカッションのテーマとは?

グループディスカッションのテーマ例

先ほど述べたように、基本的にグループディスカッションには、「資料を読み込む系」と「自分の考えや思いを話し合う系」の2種類があります。ここでは、それぞれの説明と具体的なテーマ例を紹介していきたいと思います。

①資料を読み込む系

資料を読み込むのタイプのグループディスカッションでは、初めから1人1人に情報が記載された資料が与えられています。そして、個人ワークの間にその資料を各々で読み、重要な情報を整理します。

その後、全体の話し合いで自分が資料から読み取ったことや、それを踏まえての意見などを交換し合い結論を導きます。このタイプのグループディスカッションは、特に業界や自社に関するテーマに多く、読み取る資料も、製品の売上推移だったり、現在抱えている問題や社員の声など、量が多く複雑になっています。

テーマ例

①今後製品AかB、どちらを売っていけば20XX年までに●●億の売り上げを達成できるか

②20年後の自社の強みは?

③これからの自動車業界の将来性について

このタイプのグループディスカッションだと、業界研究や企業研究が必要とされることもあるので、軽く下調べしてから臨んだほうが良いと思います。

②自分の考えや思いを話し合う系

こちらのタイプのグループディスカッションでは、漠然としたテーマについて自分の思いや考えをグループで共有しあい、理解を深めていくという話し合いになります。読まなければいけない資料も特になく、こちらの方が一見楽そうに思われますが、テーマが漠然としているので答えを出すのが非常に難しいと言われています。

テーマ例

①社会人として必要な要素とは何か?(10個ある項目から3つ選ぶ)

②家族、友人、仕事、趣味、健康を順位付けするとしたらどうなるか?

③無人島にものを1つだけ持っていけるとしたら何を持っていくか?

③グループディスカッションで押さえるべきポイントとは?

①人事が重視しているポイント

グループディスカッションでよりよく評価されるためには、人事がこのディスカッションを通して何が見たいのかを意識すべきです。採用担当者は、グループディスカッションで「その学生が集団の中でどのように動くか」を見たいのです。

1対1の個人面接や集団面接でその人のそれまでの努力や人柄がわかったとしても、チームの中でどのような役割をする人なのか見極めるのは困難なことです。面接では判断することができない協調性やコミュニケーション能力といった部分を持ち合わせているかを人事は見ているのです。

②「グループリーダーが全て」ではないこと

「チームの中での役割だったら司会やリーダーが1番評価されるのでは?」と考える人もいるのですが、そうとは限りません。確かに、議論を円滑に進めたり全員の意見をまとめる役割をする司会者やリーダ的存在の人はチームにとって不可欠な存在です。ですが、みんながみんなそれを1人でできるわけではなく、リーダーの役目を補佐してくれる人、皆の意見を書き留めわかりやすくする書記の人、時間内にタスクが完了できるよう気にしている人、このような他の役割をきちんと全うしている人がチーム内にいるからこそ、リーダーの円滑に議論を進めることができるのです。

逆に言えば、リーダーだからと言って何でも1人で進めてしまって、チームの人が全員納得できるわけではないような結果になってしまった場合、そのリーダーはよく評価されるわけがありません。なので、自分の特性やそのチームの雰囲気を見て、自分に1番あった役割に徹するのが良い策と言えるでしょう

③論理的思考力

採用担当者は学生がどんな思考を持っているかという点にも注目しています。社会人になると、与えられたことに対し、情報を適切に処理し、なるべく最短距離で目標を達成することが求められます。ですので、テーマを的確にとらえて議論すべき内容と進め方を論理的に考えられるかどうかが重要になってきます

④人の話を聞くことをおろそかにしないこと

自分の考えだけを突き通すのではなく、相手の意見もしっかりと聞き、チームとしての答えが出せるように意識しましょう。グループディスカッションではとにかく話すことが大切だと考えている学生もいるかもしれません。しかし、グループディスカッションで最も大切なことは、「いかに人の話に耳を傾けることができるか」です。どんなに優秀な学生でも、どんなに素晴らしい閃きがあっても、人の話を聞くことができない人間を企業は求めません。

ここで言いたいことは、聞き手に徹しろということではありません。もちろん、自身の意見を人に伝えることも大切です。要はバランスです。自分の意見を伝える時はしっかりと主張し、他人が話している時はしっかりと耳を傾ける、この切り替えをするようにしてください。

では、上記のように人の話をしっかり聞くためにはどうすればいいのでしょうか。どういった点に気をつければ人事から高評価をもらえるでしょうか。そのヒントは以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

④グループディスカッションについてのまとめ

グループディスカッションが何か、その目的やポイントなど理解していただけたでしょうか?最初にお伝えした通り、これをやれば絶対に通過するというものはありません。ですが、グループディスカッションで何が見られているか、何が求められているかを理解することで、通過率が上がることは間違いありません。

必ずしもリーダーや目立つ存在でなくてもよいので、自分がどのようにしてチームの理論に貢献できるか考えながらディスカッションできるとよいですね。グループディスカッションとは何か知るだけでなく、これを踏まえて対策を練って頂けたらと思います!

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事