StockSnap / Pixabay

衣食住の一角を担う、ファッション、アパレル業界。生活に密着しており、欠かせません。志望する学生は、もともとファッションに興味があり、好きなブランドがあったりすることが多いでしょう。しかし、好きだけで志望動機を作るのは困難です。

すでに、アパレル業界でアルバイトをしている学生もいるかもしれませんね。あるいは、ファッションには何となく興味があって、将来はアパレル業界で働いてみたいけれど、志望動機の書き方がわからないと悩んでいる学生もいることでしょう。

ここでは、アパレル業界を志望する上で、押さえるべきポイントをご紹介します。最終的なゴールは、例文から志望動機を考えていくことです。あなたならではの、オリジナリティのある「受かる」志望動機を完成させましょう。

まずは「アパレル業界」のことを知ろう

Pexels / Pixabay

志望動機は自己PRと異なり、相手のこと(業界や企業)を知らなければ深いことは言えません。ファッションや洋服が好きな気持ちだけで志望動機は書けたとしても、完成度は低くなるのが関の山です。かりに、採用者が多く人手不足のアパレル販売職に採用になったとしても、あまり知らないまま入社してしまうのは危険です。早期離職につながりかねません。まずは、アパレル業界やファッションについて知り、「受かる」志望動機のタネを集めることから始めましょう。

アパレル業界の主な業務内容

アパレル業界は、メーカー系とSPA、小売業、最近ではネット通信での衣料品販売も拡大しています。今の時代にときめく、何かと話題の社長が経営する人気のあの企業もそうです。まず、第一にアパレル系メーカーについてです。

 

  • アパレルメーカー

主要な販路は、百貨店やショッピングモールなどの量販店です。洋服以外にも、下着メーカーなども含まれます。現状の販路では苦戦が続いています。ネット販売に活路を見出したり、新たな事業に舵を切るなど転換期です。

 

  • SPA、小売り

SPAは国内と国外の企業があります。SPAはspecialty store retailer of private label apparelの略です。企画から製造・販売まで一貫して行うアパレルのビジネスのことです。カジュアルファッションブランドが低価格でアパレル業界を牽引しています。その他には、紳士服チェーンから仕入れ主体の企業やセレクトショップ、ジーンズやシャツ専門小売りもあります。さらにベビー、子供向けや通販カタログ、ネット通販があります。

アパレル業界の求める人物像

アパレル業界が求める人材と一口に言っても、企業によって異なります。アパレル業界のあるリーディングカンパニーでは、「挑戦者」がキーワードになっています。業界をリードするだけあって、高い志が求められそうです。別のある総合アパレルメーカーでは、総合職コースの募集というだけあって、常に創造的でグローバルな視点を持って活躍してほしい、とありました。

アパレル業界においても、企業によって、求める人材像は様々です。共通することは、ファッションに敏感であり、選考を受けようと思っている企業のブランドの将来のビジョンを描く積極的な姿勢でしょう。

アパレル業界の志望動機の書き方ポイント3つ

5688709 / Pixabay

アパレル業界の志望動機を考えていく上で、下記の3つのポイントは欠かせません。

①なぜアパレル業界を志望するのか?

アパレル業界の市場規模は、約5兆円と言われています。生活に密着しており、必要不可欠な業界のため、そこで働く人の数も多く、一大産業となっています。他にも業界はたくさんある中で、あなたはなぜアパレル業界を目指しますか?おそらく、服やファッションが好きなことは間違いないでしょう。では、なぜ好きなのか、そして、ファッションやアパレルを軸にして、仕事のしたい動機は何でしょうか?

あなたの体験をベースに、なぜアパレル業界を志望するのか動機を明確にしてください。

②アパレル業界の中でなぜその企業を志望するのか?

次にアパレル業界の中でも、なぜその企業を志望するのか考えなければなりません。どこの企業でも当てはまる志望動機では、企業の心をとらえることは難しいでしょう。その企業でなくてはならない理由。それを探すには、やはり企業のことを知る他ありません。書籍やインターネットの情報、さらにアパレルなら店舗があります。実際に足を運んで、店舗見学してみてもいいでしょう。そこから、あなた自身が何を感じ、どのように志望動機に活かすかが肝心です。

③その企業で自分は何がやりたいのか

最後に何がやりたいのかです。これは、職種にも関わってきます。通常の業界や企業であれば、総合職か一般職がメインになってきます。しかしながら、アパレル業界の場合は、少しすそ野が広がっています。総合職もあれば、販売職もあります。技能職やパタンナー、デザイナーなど多岐に渡ります。

専門的な職種の場合は、専門的な勉強も必要な場合がありますので、企業のホームページの募集要項で確認しましょう。

大卒のアパレル業界ということであれば、主な募集は、総合職と販売職となるでしょう。総合職の中にも、グローバル、全国型、地域型と分かれる企業もあります。販売職も同様です。あなたはどの企業で、どの職種で、アパレル業界で具体的に何がやりたいのか考える必要があります。自分の特性とやりたいことをマッチさせましょう。総合職として活躍したいのか、店長を目指すのか、あなたのアパレル業界でのキャリアプランを考えてください。その上で、あなたのどのような能力が活かせるかも求められます。

【例文】アパレル業界の志望動機

sdnet01 / Pixabay

今回はアパレルメーカーの総合職を例に志望動機を考えてみます。結論から入り、実現したいこと、受ける企業でなければならない理由などを盛り込みましょう。志望動機の分量にもよりますが、自分の強みと企業で活かせる共通項なども踏まえて作成してください。

「私が貴社を志望した理由は、オムニチャネル戦略でeコマース事業に携わりたいからです。貴社は老舗のアパレルメーカーの中でも、いち早く、新業態の確立に向けて動いています。確固たるブランド力がある中で、あくなき挑戦を忘れない貴社の姿勢にひかれました。私は大学に入学してから、長期の休みには一人旅に挑戦しています。欧米やアジアの国々に訪れ、今度はアフリカ大陸へ挑戦する予定です。貴社では、総合職として活躍したいです。そのために、まずは実店舗で顧客のニーズやお客様とのコミュニケーションを通して、貴社の運営方針を現場で体験することから始めたいと思っています。現場でアパレル業界のノウハウを蓄積して、将来は、ネット専門のブランドの企画立ち上げや運営を行いたいです。私の強みである、挑戦心を持ちながら日々の仕事に励みます。私の夢を貴社で実現して、貢献できるように、ネットビジネスの勉強も怠りません。アパレル業界を牽引できるような人材を目指したいです。」(416字)

まとめ

アパレル業界の志望動機を作成するためには、業界や企業を知り、ポイントを押さえながら自分の言葉で文章を紡ぎましょう。企業について、入念に調べ、考え、思考を巡らせることが大切です。例文を参考に、あなたしか書けないオリジナルの志望動機を完成させてくださいね。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事