Ellen26 / Pixabay

「飲食業界って幅が広すぎてなかなか把握しきれない」と頭を抱えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。確かに一口に飲食業界といってもレストランから定食屋さん、法律的に言えばライブハウスまで様々な職種があるのが「飲食業界」の特徴です。なかなか志望動機を考えるにも焦点が合わないという気持ちもわかります。

そこで今回の記事では飲食業界の志望動機を考えるポイントや注意点、そもそも「飲食業界とは何か」といったことについて詳しく解説していきます。こちらの記事を読むことで飲食業界に対する志望動機を「業界の現状を踏まえた上で」しっかりと述べることができるようになりますよ。

飲食業界の志望動機を考える前に業界の現状に詳しくなろう

Kaz / Pixabay

飲食業界の志望動機を考える前に、そもそも「飲食業界とは何か」ということ、飲食業界の現状について詳しく解説をしていきます。

まず最初にも述べたように飲食業界と言えども、「働き先」として考えると「レストラン」「居酒屋」「中華料理屋」「喫茶店」などなど挙げきれないほどのジャンルがひしめきあっています。つまりそのジャンル1つ1つによって状況が異なるというのが正直なところあります。

また2009年に飲食業界がその業界規模・業界人口のピークを迎えて以来、現在にかけて業界は縮小し続けています。人手不足・低い給与・多忙によるブラック化など業界全体が持つ課題がニュースでよくピックアップされているというのが現状です。

一方で飲食業界は人がいる限りなくならないといった絶対的な強みもあります。衣食住のうちの1つを司るといった意味では業界としては無くならない。つまり飲食業界で役立つスキルを持つことによって、企業は変われど個人では食べることには困らないというのが飲食業界の特徴なのです。

 

飲食業界の志望動機を考える際のポイント

rawpixel / Pixabay

飲食業界の志望動機を考える際に絶対に押さえておきたいポイントは以下の6点です。

  1. なぜ飲食業界を志望するのか
  2. なぜその企業に入りたいのか
  3. 飲食業界の中で特にどのような仕事がしたいのか
  4. 将来的に飲食業界でどのような仕事がしたいのか
  5. 飲食業界に入った時にどのように貢献できるのか
  6. その店でどのようなことを学びたいのか
  7. 飲食業界でのアルバイト経験などがあればそれを含める

これらのポイントを1つずつ解説していきましょう。

なぜ飲食業界を志望するのか

大切なのがなぜ飲食業界を志望するのかというところです。飲食業界の大変さを最も理解しているのは業界内の人間たちです。また世論としても飲食業界は過酷だというイメージを持たれており、いまだに「3K(汚い・きつい・危険)」と言われるところがあります。

そんな飲食業界になぜ入りたいのか、その熱意は何なのかというところをしっかりとアピールすることが大切です。今後、一緒に働く上で「飲食業界は厳しい」という前提を持ちつつも「しかし飲食業界で働きたい」という熱意を持つ就活生を採用したいと飲食業界のほとんどの企業が考えています。

なぜその企業に入りたいのか

そして飲食業界の中でもかず多く存在する多くのジャンル、そしてジャンル内の多くの企業の中で、なぜその企業に入りたいのかというところが最も大切です。飲食業界は本当に多くの企業があるからこそ「この企業に入社したい」という熱意を1番に重視します。そうしなければ、スキルを身につけたのにち更に待遇のいい別企業に転職してしまいかねないからです。志望動機を考える際には「なぜその企業なのか」という点を最も深掘りして考えましょう。

飲食業界の中で特にどのような仕事がしたいのか

飲食業界の中で特にどのような仕事がしたいのかという点も志望動機を考える際には重要なブロックです。例えば「キッチンで調理がしたい」のか「ホールスタッフとして接客を重視したい」のかなど。飲食業界と言えども調理と接客で大きく求められるスキルや性格などが変わってくるからです。自分が特に志望する仕事を志望動機の中では強くアピールをしていきましょう。

将来的に飲食業界でどのような仕事がしたいのか

入社してすぎにどのような仕事がしたいのかを述べると同時に、将来的にはどのような仕事をしていたいのかについて述べることも必要です。一般的には定年退職までホールスタッフやキッチンスタッフ一筋というケースは稀だからです。

例えば入社する企業が「ゼンショー」などのように店舗と本社で分かれている場合には「将来的には本社で商品開発の仕事に携わりたい」といったことがキャリアパスとなります。

人それぞれによって将来どうなりたいかは変わりますので、志望する企業のキャリアパスを研究しながら自分が求める将来像を考えていくようにしましょう。

飲食業界に入った時にどのように貢献できるのか

自分が飲食業界のその企業に入った時に活躍できることについては詳しく述べる必要があります。受け身のスタンスで「入社したら一から調理技術を学んでいきたい」といったスタンスは大切ではありますが、それではあなたを採用した企業側にメリットを感じる部分はありません。受け身のスタンスだけではなく能動的に「私が入社することによって〇〇の点で貢献することができます。」といった、企業側が思わず「採りたい」と思ってしまうポイントを述べましょう。そうすることでグッとあなたの魅力が引き立つはずです。

その店でどのようなことを学びたいのか

その企業で学びたいというスタンスも大切です。調理スキルなのか運営スキルなのかホールスタッフの接客術なのか。自分が「その企業でしたいこと」と結びつけながら、学びたいことを述べることによって就活生にとって大切な真摯な態度を示すことができるはずです。

飲食業界でのアルバイト経験などがあればそれを含める

もし飲食業界に関係するアルバイトの経験があればそれをアピールすることも効果的です。アルバイト経験がしっかりとあるというだけで、「この人は飲食業界のことをある程度わかった上で志望している」「経験があるから即戦力になってくれそうだ」と企業側にとっては魅力的に感じることとなるでしょう。

 

飲食業界の志望動機を考える際の注意点

最後に飲食業界の志望動機を考える際の注意点について見ていきましょう。

明確にやりたいことを伝える

「料理がしたい」などといったような多くの人が言えそうな志望動機ではなかなか内定を取ることはできません。料理がしたいならば「どんな料理を」「どのような気持ちで」「どのような方向性で」作りたいのか。「なぜそう考えたのか」「それは会社側にどんなメリットがあるのか」など掘り下げていくようにしましょう。

その企業以外でもできることは書かない

志望動機が他の企業でも達成できそうなことの場合には熱意が伝わりにくくなってしまいます。例えば先ほどの「料理がしたい」というものも同様、飲食業界ならどこでも調理スタッフとなればできてしまいます。その企業でしかできないことだからこそ、その企業を志望したという理由を志望動機に交えることによって、企業はあなたのことを魅力的に感じるはずです。

まとめ

今回の記事では飲食業界の志望動機を考えるポイントや注意点、そもそも「飲食業界とは何か」といったことについて詳しく解説していきました。解説してきた業界の現状としっかり照らし合わせながらポイントを押さえて志望動機を述べることによって、面接官に印象が残る志望動機を考えることができるようになるはずです。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事