coffeebeanworks / Pixabay

逆質問は就職活動の場では、最終面接に関わらず質問頻度としては高いでしょう。なぜならば、画一的なものになりにくく、学生の個性が逆質問に反映されやすいからです。面接官も学生のタイプを見極めやすい質問です。一次面接から逆質問されることもあります。しかも、なかには逆質問攻めをしてくる企業もあります。ここでは、最終面接に関して、効果的な逆質問とは何かを解説していきます。

1.最終面接での逆質問とは?

coffeebeanworks / Pixabay

最終面接に残った学生は、全員採用に足る資質は持っているはずです。そうでなければ、最終選考まではなかなか残りません。しかしながら、最終面接においても、選考をして、どの学生を雇いたいか見極めてきます。最終面接は社長や役員クラスが面接官をすることが多いので、逆質問も重要なポイントになります。一次面接や二次面接とは異なり、無難な質問では物足りません。

 

①最終面接での逆質問の考え方【その1】

最終アピールの場

最終面接での逆質問は、最後の最後に問われることが多くなります。内定を獲得するためのラストチャンス、挽回のチャンスです。意気込みや抽象的な逆質問ではなくて、具体的なものを聞いてください。

 

②最終面接での逆質問の考え方【その2】

企業のことを知る機会

最終面接では、経営陣が面接官を担当することがほとんどです。つまり、一般の社員には聞けないことまで、踏み込んで聞くことができます。企業によっては、新卒の中から

将来の幹部候補が出てくるかもしれないと期待しています。

2.最終面接の逆質問は何を聞けばよいのか?

Altnet / Pixabay

最終面接の逆質問があった場合、何を話せばよいのでしょうか?迷ってしまいますよね?最終面接ですから、これですべてが決まります。効果的な質問をしたいところです。最終面接の逆質問なので、今まで質問したことは避けましょう。同じことを聞いても仕方がありません。では、何を質問すればいいのでしょうか?最終面接という特性上、入社を見越した質問なども投げかけるのも一つです。また、社長や役員にしか聞けない質問も効果的と言えます。滅多にないチャンスなので、準備をして、好印象を与える質問ができれば最高ですね。

 

①採用を見越した質問

  • 御社の入社までにやっておいた方がいいことはありますか?
  • 将来は御社の〇〇事業に携わりたいと思っています。必要な資格や経験、資質はありますか?
  • 社員に対して、働く上でどのようなことを求めますか?
  • どのような会社を社員をともに目指していますか?
  • 御社の課題は他にありますか?
  • 活躍している社員のはどのようなタイプですか?

 

②役員だから答えられる質問

  • 御社の今後の事業展開について、これから動き出す可能性があるものは何ですか?
  • これから注力しようとしている事業部はどちらですか?
  • 御社の一番の魅力は、どの点だとお考えですか?
  • 今後の方向性は理解いたしましたが、どのような経営戦略を考えておりますか?
  • 役員の方が考えられている会社の展望は何ですか?
  • 企業理念を社員に浸透させるために、御社はどのような取り組みをしていますか?

 

3.最終面接の逆質問での注意点とは?

adabara / Pixabay

最終面接まで進んで「何か質問はありますか?」と問われて、「何もありません」と答えるのは、入社意欲に欠けると見なされかねません。また、何でも聞いていいわけでもありません。あくまでも、面接の一環です。しかも、あなたの人生を左右しかねない面接なのです。最終面接の逆質問で、注意すべき点も確認しておきましょう。

 

①質問数が多すぎる

過ぎたるは猶及ばざるが如し、です、状況や場の空気を読むことが求められます。いきなり学生から「質問は8個あります」と言われると、面接官は困るかもしれません。

 

②質問数が少なすぎる

逆質問がないのはNGと言っていいでしょうが、少な過ぎてもダメです。最低、3つくらいは想定しておくとよいかもしれません。1つしかないとなると、会社にあまり興味がないのだろうかと疑心暗鬼になります。別に用意しておいて、逆質問がなかったとしても、何も減るわけではありません。むしろ、自信を持って最終面接に臨めます。

 

③安易な質問は避ける

ホームページに載っていたり、会社説明会で言われたことなどは、質問のうちに入りません。あなたの浅薄さをさらしてしまい、逆効果になりますので、注意してください。

 

④ネガティブな質問は避ける

最終面接の面接官は、大抵の場合、社長や役員クラス、つまり経営視点であなたを見てきます。採用は経営者にとっては、大きな投資です。マイナスな表現、後ろ向きな発言は、若者らしくありません。おじさん(おばさん)は基本的には、エネルギッシュな新卒を求めています。

 

⑤福利厚生など待遇面に偏った質問は避ける

入社して、離職するぐらいなら、待遇面もきちんと確認しておくことは大切です。しかしながら、働くということは対価を支払われることです。あなたが最終面接官だとして、まだ働いてもいない大学生に、待遇面のことしか逆質問されなかったらどう思いますか?そういうことです。

 

4.最終面接の逆質問に備えるためにやっておくべきこと

coffeebeanworks / Pixabay

後悔は先に立ちません。事前の準備をしておくことで、本番の逆質問を自信を持ってしましょう。そのためには、面接官に記憶に残り、「彼が(彼女が)ほしい」と思ってもらえるような鋭い逆質問ができるようになっておきましょう。泣いても笑っても、この最終面接で採用なのか不採用なのか判断がくだされます。おそらく、最後の最後で問われる質問、それが「逆質問」です。

 

①企業研究

企業研究は欠かせません。中には、「こんなこと聞いて意味あるのかな?」と首を傾げるような質問もあります。しかしながら、企業の考えは企業の数だけあります。社長の名前が答えられない人材は入社意欲が低いと見なす会社だって確実にあります。上場企業であれば、いくらでも情報は手に入ります。業界の最新動向であれば、中小企業でも調べられます。企業研究は、あなたの中にはありません。能動的にやらなければ、前に進みません。

 

②志望動機に関連する内容の精査

最終面接では、人物評価は高いから進んでいるわけです。よほどのことがあれば別ですが、人物的には問題はないはずです。では、ポイントは何か?端的に言えば、お金を生み出してくれる人材なのか?もしくは生み出してくれそうな人材になりうるか?また、自社に貢献してくれる人材なのかその見極めになります。

 

③あなたならではの質問

たとえば、OBOG訪問をして聞いたことや、社員の口から直接聞いたことを、自分の中に取り込むことです。他には店舗があれば、見学してみたことから浮かんだ質問。インターンシップに参加したのであれば、そのときの話でもかまいません。あなただから質問できるオリジナルな逆質問は大歓迎です。逆に誰でも質問できるようなことは、相手も辟易しますし、面白みに欠けてしまいます。個性を十分に発揮しましょう。

 

最終面接のポイントとなる逆質問のまとめ

最終面接は、今までの選考と違って、あなたの人生を左右しかねないものです。もちろん、すべてではありませんが、最終面接まで来たのであれば、受かりたいのが人情です。その際に、社長や役員クラスの面接官に好印象を与えられやすいのが、逆質問です。アピールポイントや企業とのマッチング度はそれまでの選考で十分に見られています。逆質問は最後の面接官に好印象を与えて、「是非、うちで働いてほしい」と思わせるポイントとなりえます。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事