就活証明写真のネクタイの失敗しない選び方3つ!注意点や結び方も!

就活をする上で就活証明写真はかなり重要といっても過言ではありません。

特に就活証明写真は書類選考を受けるときに重要で、第一印象を大きく左右するポイントです。

就活証明写真で失敗しないためにはネクタイの色や結び方を意識するのが好ましいです。

就活証明写真のネクタイで失敗しない選び方などを就活Hackでは解説していきます。

就活証明写真の身だしなみで就活生の印象は変わる

就活の証明写真はとても重要ですが、就活に慣れていないことから重要性がいまいちわからないという人も多いです。

就活証明写真は書類選考の時に大きなポイントになり、就活証明写真の印象が良い・悪いだけでも合格する確率が左右されます

就活生の印象として大きく取られる就活証明写真では、ネクタイの選び方も重要です。

今回の就活Hackは就活証明写真で失敗しないためのネクタイの選び方や色別の印象・ネクタイの結び方についてご紹介していきます。

就活証明写真のネクタイの3つの選び方

#就活,

  • 色のイメージからネクタイを選ぶ
  • 季節に合わせてネクタイを選ぶ
  • 柄の印象からネクタイを選ぶ

まずは就活証明写真を成功させるためのネクタイの選び方について解説していきます。

ネクタイの選び方はかなり重要で、選ぶ際には「色」「季節」「柄」などを気にする必要があります

それぞれのネクタイの選ぶポイントについてご紹介しますので、これから就活証明写真を撮るという人は必見です。

選び方1: 色のイメージからネクタイを選ぶ

就活証明写真を撮る際のネクタイ選びで最も意識する必要があるのが「色」の選択です。

色はとても重要で、その人の雰囲気を大きく左右するといっても過言ではありません。

ネクタイこそワンポイントにはなりますが、極端に例えると赤のスーツで面接に挑むか、黒や紺色のスーツで面接に挑むかぐらいの印象の違いはあります。

ネクタイの色一つとっても「爽やかな印象」「落ち着きのある印象」「情熱的な印象」「明るい印象」と面接担当者に与える印象は変わるので、色はしっかりと意識して就活証明写真を撮るようにしてください。

選び方2:季節に合わせてネクタイを選ぶ

季節に合わせた雰囲気のネクタイ選びもおすすめです。

季節は一見関係ないイメージを持つ人も多いかもしれませんが、夏の季節に茶色のネクタイ、冬の季節に水色のネクタイなどはやや季節外れな印象を与えます。

普段過ごしている季節感にも気づけない人物だと判断される場合もあるので、季節にあった色合いも大切です。

できれば季節と一緒にリクルートスーツもしっかりと選んでネクタイとのバランスを合わせていくようにしましょう。

スーツも季節にあった色合いが存在し、夏に面接を受ける場合はネイビー・秋から冬にかけて挑む場合はブラックがおすすめです。

リクルートスーツの色によってネクタイの柄も変わるため、リクルートスーツの色も季節によって調整するようにしましょう。

選び方3:柄の印象からネクタイを選ぶ

就活証明写真を撮る場合はネクタイの色だけでなく「柄」も気を付けるようにしましょう。

近年ではネクタイもおしゃれを楽しむアイテムとして注目され、さまざまな柄のネクタイが登場しています。

柄が派手すぎると当然TPOにふさわしくない印象を与えるため、できれば無地やシンプルな水玉・ドット柄などを選ぶのが好ましいです。

ネクタイの柄は就活証明写真を撮るときに見落としてしまいがちなポイントなので、気を付けてください。

さらに気を付けていただきたいのが就職希望先です。

というのも、業界によって良い色合いと悪い色合いが存在します。

業界の情報もしっかりと調べたうえで撮影をすることで、しっかりと会社のこともわかっているという印象を与えることができるため、業界別のネクタイの色も調べておくのをおすすめします。

就活証明写真のネクタイの色と印象の違い

  • ブルー系のネクタイの印象
  • グレー系のネクタイの印象
  • レッド系のネクタイの印象
  • イエロー系のネクタイの印象

次は就活証明写真を撮る場合に参考にしたい「ネクタイの色別の印象」について解説します。

就活証明写真を撮る場合以外でも該当する点でもあるため、仕事でスーツを着る機会が多い人やリクルートスーツを上手に着こなしたいと考えている人はぜひチェックしてみてください。

①ブルー系のネクタイの印象

就活証明写真を撮る場合に最もおすすめなのがやはり「ブルー系」のネクタイです。

ブルーのネクタイは「フレッシュ」「爽やか」な印象を与えることができます。

さらに清潔感がある印象も与えることができるため、就活生にはイチ推しです。

ブルー系のネクタイはリクルートスーツと相性抜群なので、おしゃれな印象も作りやすいです。

②グレー系のネクタイの印象

グレー系のネクタイも就活証明写真を撮る場合におすすめです。

ブルー系のネクタイとはまた違った印象を演出することができやすく、グレー系は「落ち着きのある」「大人っぽさ」「知的さ」がある印象を作ることができます。

大手企業や公務員などの就職先に希望している場合は特におすすめです。

リクルートスーツや落ち着きのあるグレーのスーツと相性抜群なので、就職が決まった後にも使える点が魅力的になります。

③レッド系のネクタイの印象

就活証明写真でレッド系のネクタイを身に着けて写真撮影を行う人もいます。

レッド系は「情熱的」「個性的」な印象を作りますが、やや個性が強すぎる印象になる場合が多いです。

できればレッド系でもダーク系の落ち着いた色合いのものを選ぶとそこまで派手すぎる印象にはなりません。

他の人よりも目立ちたいと考えている人におすすめです。

④イエロー系のネクタイの印象

就活証明写真でのネクタイではさらにイエロー系のネクタイで撮影する人もいます。

しかしイエロー系はどちらかというとファッションのような印象を作るため、やや場に合わない印象を持たれてしまう可能性があります。

イエロー系は「穏やか」「協調性がある」という印象を作りますが、できれば入社してから愛用するのがおすすめで、就活証明写真用では他の色合いを選ぶのがおすすめです。

就活証明写真のネクタイの4つの注意点

  • 黒・白・ゴールドカラーのネクタイは避ける
  • 季節感がないネクタイは避ける
  • ピンク系・シルバー系は使い方に気をつける
  • 個性的な柄のネクタイは避ける

次は就活証明写真のネクタイで避けていただきたい4つの選び方について解説します。

注意点をチェックせずに撮影を行い、そのまま書類選考に出してしまうと他の人よりもやや印象が悪い段階でスタートしてしまう可能性が高いです。

就活を成功させるためにも注意していただきたいネクタイの選び方4つもチェックしてください。

注意点1:黒・白・ゴールドカラーのネクタイは避ける

就活証明写真のネクタイ選びで最も避けていただきたいのが「黒・白・ゴールドカラーのネクタイは避ける」です。

特にゴールドカラーは存在感ある印象を作りますが、TPOにあっていない印象を作ってしまい、この段階だけでも審査に落とされてしまう可能性が高いといえます。

さらに黒や白は一見良さそうなイメージですが、白色は婚礼用、黒色は葬儀用というイメージが世間的には強いため、やはり場違いな印象を持たれてしまうケースが多いです。

書類審査などもやはり常識面を見られていることが多いので、ゴールド系や白・黒系は避けるようにしてください。

注意点2:季節感がないネクタイは避ける

季節感がないネクタイの色合いも極力避けるようにしましょう。

季節感がない人は世間とのずれがある人物だと判断されてしますポイントです。

もちろんネクタイが季節の色にあっていないという点から必ずしも落とされるというわけではありませんが、ファッション系の仕事に就きたい場合は季節感や統一感は重視されます

就活でもファンション系の仕事に就きたい場合は就活証明写真用でも季節感も大切にするようにしてください。

注意点3:ピンク系・シルバー系は使い方に気をつける

ごく少数の人にはなりますが、シルバー系やピンク系のネクタイで就活用証明写真を撮る人もいます。

やはりシルバー系やピンク系は派手な印象になってしまい、TPOに合わない印象を相手に与えます

仕事の重要なシーンではスーツを着る場面も多いですが、このような大切なシーンでも派手な服装で来る可能性がある人物という認識を与えてしまうため、悪い印象がつきやすいです。

シルバー系やピンク系のネクタイを持っている人は就活証明写真用のネクタイに採用するのではなく、休日のファッションで楽しむようにしましょう。

注意点4:個性的な柄のネクタイは避ける

就活証明写真のネクタイ選びの注意点としては「個性的な柄を避ける」という点も外せません。

ファッションアイテムとして注目されているネクタイは、現在では様々な個性的な柄が登場しています。

柄はシンプルなドットやストライプデザインであればそこまで大きな問題にはなりませんが、多種多様な色合いが組み合わさった柄やキャラクターがデザインされたネクタイで写真撮影に挑む人もいます。

個性的な柄はやはり常識がないという印象を与えてしまい、書類選考の段階で審査から落とされてしまう可能性が高いです。

個性的な柄のデザインは極力避けるようにし、シンプルながらのネクタイで写真撮影に挑むようにしましょう。

就活証明写真のネクタイの4つの結び方

  • プレーンノット
  • ダブルノット
  • セミウィンザーノット
  • ウィンザーノット

次は就活証明写真用のおすすめのネクタイの結び方を4つご紹介します。

ネクタイの結び方はさまざまな方法が存在し、ネクタイの印象を変える大きなポイントでもあります。

特に就活生ではきれいなネクタイの結び方に慣れていない場合が多く、就活証明写真用だけでなく面接時にも違和感のあるネクタイの結ぶ方で訪れる人もいます。

ネクタイの結び方も重要になるため、これから就活証明写真の撮影をする人や就活中の人は動画付きでネクタイの結び方をご紹介しますので参考にしてください。

結び方1:プレーンノット

  • 大剣と小剣の長さを確認
  • 大剣を長めにするようにネクタイを首の後ろからかける
  • 大剣を小剣の上にクロス
  • クロスさせた大剣をそのまま小剣の後ろに回して巻き付ける
  • 大剣の先を後ろから前へと通す
  • 結び目の隙間に大剣を入れて整える

プレーンノットは就活生に最もおすすめのネクタイの結び方で、結び方の中でも最もわかりやすい結び方といっても過言ではありません。

就活用証明写真の撮影時にもおすすめで、首元をすっきりとした印象にすることができます。

大剣と小剣の長さを整えるためにも、最初のネクタイを首の後ろからかけるときの大剣の長さを意識するようにしてください。

就活用証明写真の撮影だけでなく、冠婚葬祭の時にも使う結び方なので、就活用証明写真の撮影以外でも使うと意識して覚えるようにしましょう。

結び方2:ダブルノット

  • 大剣と小剣の長さを確認
  • 大剣が長くなるように持ち、ネクタイを首の後ろからかける
  • 大剣を小剣に2周巻き付ける
  • 大剣の先を首元の部分にくぐらせて前に出す
  • 大剣と小剣の隙間に大剣を通して形を整える

ダブルノットも就活用証明写真の撮影時におすすめのネクタイの結び方です。

プレーンノットと比べてボリュームがある凛々しい印象になるのがダブルノットです。

結び方もそこまで大きな違いは存在せず、プレーンノットとの違いは大剣を小剣に1周巻き付けるか、2周巻き付けるかの違いになります。

ダブルノットはボリュームがあることから上品な印象になる場合が多いので、ネクタイが長いという場合におすすめです。

結び方3:セミウィンザーノット

  • 大剣と小剣の長さを確認
  • 大剣が長くなるように持ち、ネクタイを首の後ろからかける
  • 大剣を小剣の上にクロスさせて半周巻く
  • 大剣の先を首元に巻き付けて下に垂らす。
  • 大剣を小剣の前の部分を巻き付けて首元から前に出てくるように大剣を通す。
  • 大剣を小剣との隙間に通して形を整える。

さらに就活用証明写真の撮影時に採用されることが多い結び方が「セミウィンザーノット」です。

セミウィンザーノットは慣れるまでは大変ですが、慣れるとかなりスムーズにできます

半周させる部分が特に間違ってしまいがちです。

ポイントとしては最後にできる

どうしてもわからない場合は動画を確認しながら挑戦してみてください。

結び方4:ウィンザーノット

  • 大剣と小剣の長さを確認
  • 大剣が長くなるように持ち、ネクタイを首の後ろからかける
  • 大剣を小剣の上にクロスさせて半周巻く
  • 大剣の先を首元に巻き付けて下に垂らす
  • 先ほどとは逆回りに半周させ、再び前から首元に巻き付けて下に垂らす
  • 大剣を小剣の隙間に通して形を整える

ウィンザーノットも就活用証明写真の撮影時に採用されることが多い結び方です。

やや難易度が高いネクタイの結び方ですが、慣れるとスムーズにむすぶことができます。

就活用証明写真の撮影時以外にも使える結び方なので、スーツを着ることが多い営業職や事務職に就きたいと考えている人はぜひ覚えるようにしましょう。

型崩れを起こさない結び方なのでネクタイが長い場合や就活時の面接の時間が長いような場合におすすめです。

就活証明写真のネクタイは失敗しないよう注意して選ぼう

就活証明写真ではネクタイの色や柄・結び方が重要で、印象を大きく左右します。

特に就活証明写真は値段も高くなりがちなので、何度も撮りなおす必要をなくすためにも完璧な状態で撮影に挑むのがおすすめです。

ネクタイの色や結び方は就活証明写真の撮影時以外にも使えます。

就活証明写真をしっかりとすることで他の人よりも一歩リードした状態で面接に挑むことができるため、就活証明写真用のネクタイはしっかりと色や柄・結び方を注意するようにしましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事