面接の志望動機、例文を参考に考えたい。そう考えている方も多いのではないでしょうか?

就活の面接選考に全然受からないと悩んでいる就活生が多いのが事実。もしかするとそれは面接の中で最も大切な「志望動機」がしっかりと考えられていないからではないでしょうか。面接の質問の中でも1番、就活生の評価が左右されるのは志望動機。どれだけ優秀な就活生でも志望動機がきちんと述べられていなければ面接官の印象に残ることはできません。

そこで今回の記事では面接の志望動機を考える際のコツや、面接で志望動機が聞かれる意味、面接の志望動機を伝える際の注意点などについて例文付きで解説をしていきます。この記事を読むことで面接官の心に響く、そして内定を獲得することができる志望動機を一緒に考えていきましょう。

面接の志望動機を考える前に「志望動機を問われる意味」を考えよう

面接の志望動機を具体的に考える前に「なぜ面接で志望動機が問われるのか」ということについて考えていきましょう。志望動機を聞かれる面接官の意図が分かっていなければ、その意図にフォーカスを当てた志望動機を考えることができません。面接で志望動機を問われる意味としては大きく分けて2つ。

  1. 就活生と企業がマッチしているかを確認するため
  2. 志望する気持ちがどれだけあるのかを確認するため

この2つの目的があります。それではそれぞれの項目について詳しく見ていきますね。

就活生と企業がマッチしているかを確認するため

志望動機を問われる意味の1つ目としては「就活生と企業がマッチしているかを確認するため」です。志望動機を就活の面接で述べる際に、

  • 「どんな仕事がしたいか」
  • 「どのように働きたいか」

といったことを述べているはずです。もちろん志望動機ですから「このようなことがしたいから志望した」と述べることは必須です。その「どんな仕事がしたいか」「どのように働きたいか」という思いが企業で実際に行われている仕事と合っているか、企業の勤務環境に合っているかということを面接官は見ようとしています。どれだけ優秀な就活生であっても企業に入った際の自分の働いている姿と実際の企業の環境や仕事がかけ離れていると新入社員がその企業に定着することはなかなかありません。

例えば、「将来的には海外駐在員として海外営業を積極的に行ってほしい」と考えている企業側の思惑があるのに対して、就活生が「自分の育った環境で地域密着型の営業を行っていきたい」と考えているとすれば完全に企業と就活生の間でミスマッチが起きてしまいます。そのような就活生を採用した場合には新入社員(就活生)が海外転勤を快諾してくれる可能性は低く、新入社員が辞めてしまうという可能性も考えられます。

人事担当としては優秀な人材を採用するということだけではなく、長期的にその企業に定着する人材を採用するということも考えなければならないのです。そのような事情からも面接官が就活生の志望動機から就活生と企業がマッチしているかを確認するということは必然的なことなのです。どうしてもその企業で働きたいと考える場合には企業の方針に合わせて志望動機を考えることが必要です。ただもしどうしても譲れない部分があるのであれば、正直な志望動機を伝えて、その志望動機を認めてくれる企業を探すということが必要でしょう。

志望する気持ちがどれだけあるのかを確認するため

志望動機を問われる意味の2つ目としては「志望する気持ちがどれだけあるのかを確認するため」です。志望動機を伝えることによってどれだけ「その企業に入りたい」という気持ちがあるのかということは伝わります。そして多くの企業が実績やスキルよりも入社したい、採用してほしいという気持ちを重視しています。

なぜなら実績やスキルは新入社員となった後でも作っていくことができますが、心から「これをやりたい」「こんな仕事をしたい」をいった熱意は作ることができないからです。面接官としては入社後に「こんなはずじゃなかった」「モチベーションが下がった」と感じて辞めていくスキルを持った就活生よりも、自分がやりたい仕事を思いっきりやってくれる就活生を採用したいと考えているため志望する気持ちがどれだけあるのかを確認するのです。

志望動機を伝えることによって自分がどれだけその企業に入りたいと思っているのか、入社してどのようなことがしたいのかについて伝えることによって面接官との信頼関係を築いていくことができます。その企業への気持ちを伝えることは実際に働いている人にとって嫌なことではないですし、的確にその企業のことを捉えた上で働きたいと考えているのであれば面接官も信頼して「採用したい」と考えるからです。

ただ一方でその企業への熱意を伝えればいいというわけではありません。熱意は口だけでもいうことはできるので、その熱意を裏付ける企業研究・業界研究とその研究を生かして的を射た志望動機を伝えることが大切です。企業研究、業界研究のやり方については以下の記事でそれぞれご紹介しています。こちらを参考にしてみてください。

【例文付き】面接の志望動機を伝える際の3つのポイント

それでは実際に面接の志望動機を伝える際のポイントについて解説をしていきましょう。

1「その企業がいい」理由を伝える

1つ目の面接の志望動機を伝える際のポイントは、「業界の中でたくさんの同業社がある中でなぜその企業で働きたいと考えたか」ということです。1つの業界の中には当然ですが、外から見れば同じような仕事をしている同業社がたくさんあるはずです。

しかし、他の企業ではなくなぜその企業に入社したいのかということを伝える必要がありますもちろん就活をするときに1つだけの企業に的を絞って就活をする人は少数でしょう。同じ業界の何社、何十社の企業にエントリーをしている人もたくさんいるはずです。しかし就活の面接の際には「この企業1社だけに就活をしている」といった気持ちで志望動機を述べる必要があります。その企業の理念や特性、扱っている商品やサービスなどの特徴を的確に捉えて評価し、「この企業ではなくてはいけない」というポイントをできるだけたくさん見つけましょう。

面接官側の立場になって考えれば分かることですが、「とりあえずこの業界で働きたいと考えています」という就活生と「この企業の理念は他の企業にはなく、自分の理想と合致しているから入社したい」という就活生では明らかに後者を採用したいと考えるはずです。

ちなみに企業の理念や特性、扱っている商品やサービスなどの特徴を捉えるためには、

  • 企業のオフィシャルホームページを見る
  • 求人サイトのその企業ページを見る
  • 採用パンフレットを見る
  • 企業説明会で話を聞く
  • OB・OG訪問で話を聞く

などの手段が有効です。何十社も就活を行う場合には全ての企業にこのような企業研究を行うことは難しいでしょうから、志望順位が高い企業に絞ってしっかりと研究を行っていくことをおすすめします。

「その企業がいい」理由を伝えるための志望動機の例文1

御社の「21世紀を代表する会社を創る」という企業理念に強い感銘を受け志望いたしました。私は学生時代からプログラミングを学んでおり、このスキルを生かした仕事をしたいと考えていました。しかしなかなかプログラミングを生かして自分がいきいきと働くことができるイメージを持つことができませんでした。そこで御社の企業理念を見たときに「プログラミングを使うことは手段でしかない。自分がいきいきと働くためには、その時代を代表とする企業を創っていく一員となることが大切なのだ」と気づくことができました。御社でプログラミングのスキルを生かして21世紀を代表とする企業を創るために精一杯働きたいと考えています。(294文字)

「その企業がいい」理由を伝えるための志望動機の例文2

私は貴社の保険サービスをお客様に提案することで安心・安全な生活を送れる人が少しでも増えるようにしていきたいと考えています。貴社の保険サービスは他者と比較しても安価かつ充実した内容があり、今後さらに普及させていくことで生活にセーフティネットワークを持てるお客様を増やすことができます。このように考えたのは私の実家で盗難事故が起きた際に貴社の損害保険サービスに入っていたお陰で、多くのものが補償されたという過去から来ています。私のようにいざ困った際に損害保険によって平常通りの生活を取り戻すことができる損害保険を私自身の手でさらに広めていきたいです。(273文字)

2企業へどのように貢献するかを伝える

2つ目の面接の志望動機を伝える際のポイントは、「自分が企業に対してどのように貢献していきたいか」ということです。ここでのポイントでは自分が今まで培ってきた実績や経験、もしくはスキルなどを活用して具体的に企業に対して貢献したいことを伝えることです就活生の中には企業に対する志望よりも持っているスキルを生かしたいと考えて就活を受けるという人もいるはずです。特定のスキル・経験を持っている場合に専門職として働ける企業に入りたいという人は多いはずです。

例えば学生時代に海外ボランティアを行った経験を生かして、発展途上国へのサービスシェアを行うことができる企業に入りたいといったものや、Webデザインのスキルを生かして企業の宣伝・広報に関わりたいといったパターンがあります。

最初に「スキルや実績よりもその企業への熱意が大事」だと述べましたが、より良いのは熱意もありつつ活躍できるスキル・実績を持ち合わせているという状態です。具体的にスキルを持っている場合には、その企業に対してどのように貢献していきたいかも合わせて述べていくと良いでしょう。

「企業へどのように貢献するか」を伝えるための志望動機の例文1

私は学生時代から個人的に地域の商店街から広告作成の仕事を受注してきました。この経験から「どのような広告を作れば顧客の購買意欲を向上させることができるのか」「どのような広告を見れば街の人たちはイベントに参加したいと考えるようになるのか」を自分なりに研究し、理解することができました。この経験や知識を生かして御社の販売促進部で広告制作の業務に携わりたいと考えています。御社の商品である〇〇をより魅力的に顧客に伝えるための広告制作を行って売り上げに貢献していきたいと考えています。(237文字)

「企業へどのように貢献するか」を伝えるための志望動機の例文2

私は御社の日本全土に広がる大規模な販売網の上で営業職を務めたいと考えています。学生時代にインターンで営業職に携わってきました。その中で「〇〇地域の売り上げを前年度比◯%以上向上させる」というチーム目標のもと、社員の方々と切磋琢磨しながら営業を行いました。その結果、そのチーム目標を達成しただけではなくインターン生の中で唯一、営業成績を評価していただきました。このインターンの経験を生かして御社の商品を日本各地に広げていくために貢献していきたいと考えます。(227文字)

3自分がその企業を志望するに至ったエピソードを伝える

3つ目の面接の志望動機を伝える際のポイントは、「自分がその企業を志望するに至ったエピソードを伝える」ということです。個人的な経験からその企業に対して特別な思いを持っているのであればそれを理由として伝えることもポイントです

  • その企業の商品を使っていて自分も作る側になりたいと感じた
  • インターンで自分と合っている社風だと感じた
  • 顧客側としてその企業の魅力を感じて、自分もその企業に入りたいと感じた

などといったものがこのポイントに当たります。個人的なエピソードを志望動機に絡ませていくことは、採用情報などに書かれていないその企業の魅力を伝えることでもあり、その企業の本質的な魅力に気づいて志望していると面接官からも受け取られるはずです。特に顧客側としてその企業のサービスや商品の魅力に気づいて入社したいという視点は、入社してからも働くモチベーションを持続させる要因であるため重視されるでしょう。

自分がその企業を志望するに至ったエピソードを伝えるための志望動機の例文1

私が数ある食品業界の中でも貴社を志望したのは、貴社のこだわる食を通した健康づくりに深く共感をしたからです。食品は体の基礎を作るものであり、体に良い食品を流通させることによって国民の健康な暮らしを支えていくことができます。貴社は全国に根強い流通ルートを持っておられ、すでに認知度は非常に高いです。そのような企業で開発部署として安心・安全にこだわった食品を全国に届けたいと考えています。食への安全についての意識が高まったのは、糖尿病の父を持つことがきっかけでした。美味しい食事を食べることが1つの楽しみのはずが、病気に罹患したことによりその思いが果たせないという人を少しでも減らしたいという思いを持ちました。このような思いを実現するためには貴社への入社が必要だと考え、志望致しました。(340文字)

自分がその企業を志望するに至ったエピソードを伝えるための志望動機の例文2

私は御社でウェディングプランナーとして働きたいと考えています。そのように考えたのは自分の姉の結婚式に参加したときでした。新郎新婦が幸せそうな表情をしているだけではなく参列者の多くが「今回の結婚式は本当に素晴らしかった」と感心していました。それは結婚式の演出や流れなどが優れていたからだと私は確信しています。そしてこのように人生の最高の瞬間を新郎新婦と一緒に作っていくことができるウェディングプランナーに憧れを持つようになりました。私も新郎新婦や参列者が感動する結婚式を演出できるような優秀なウェディングプランナーとして御社で働きたいと考えています。(274文字)

面接の志望動機を伝える際の9つの注意点

それでは次に面接の志望動機を伝える際に注意するべき点を解説していきます。これまで自分が面接で述べてきた志望動機が以下の条件に当てはまっている場合にはそれが理由で内定が出なかった可能性もあります。自分が考えた志望動機と照らし合わせながら見ていきましょう。

1ESと同じ志望動機の伝え方はNG

1つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「ESに書いた志望動機と面接で述べる志望動機が同じ」ということです。面接選考に進む就活生のESについては面接前に面接官はある程度目を通しています。特に志望動機については最も大切な項目なので絶対に目を通してから就活生との面接に臨んでいるはずです。

つまり、面接という時間をもらったにも関わらず、ESと全く同じ情報を面接官に伝えていてはなんのアピールにもならないのです。もちろん志望動機の中の軸がブレてはいけませんが、伝え方や話の枝葉の付け方などは変えていくべきです。様々な角度から自分の志望動機をアピールしていくことができるようにしていきましょう。

ただ一方で、ESの志望動機に書いたことと面接で述べる志望動機が全く違うということも避けましょう例えば、ESの志望動機では企業理念に感銘を受けたと書いているのに対して、面接の志望動機では特定のスキルを生かしたいなどといったように書いてしまうと志望動機の印象を弱めることになってしまいます。

ポイントとしては1つの志望動機を異なる言い回しや書き言葉・しゃべり言葉の違いで表現するということが大切です。書き言葉では直接的な言い回しをしなければ伝わりづらいのに対して、しゃべり言葉では直接的な言い回しをしつつも、若干の補足的説明を加えることは可能です。軸をブラさないようにしつつも、表現の仕方を変えていきましょう。

2社風や企業理念とズレているとNG

2つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「志望動機と企業理念・社風がズレている」ということです。企業が最も大切にしたいことに共感してエントリーをしているということは前提です。

志望動機の中で企業理念に背くようなことを述べたり、そのように受け取られてしまいかねない内容の志望動機を述べることによってマッチングしないと面接官に判断される可能性もあります。志望動機を考える際にはしっかりとその企業の社風や企業理念について押さえた上で志望動機を考えるようにしましょう。

3型通りの志望動機はNG

3つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「マニュアル通りの志望動機にならないようにする」ということです。マニュアル通りの志望動機とは個人的な経験や志望するに至ったプロセス・エピソードなどが何も語られない誰にでも言える志望動機のことです。自分の志望動機は他の人でも言えてしまう志望動機になってはいないでしょうか。

例えば、「企業理念・サービスや商品・勤務環境などに魅力を感じたから」といった志望動機は誰でも言えてしまいます。大切なのは「なぜ企業理念・サービスや商品・勤務環境などに魅力を感じたのか」という点です。個人個人に物事への好き嫌いがあるように、企業理念・サービスや商品・勤務環境などに魅力を感じたことに対しても個人的な理由があるはずなのです。その「個人的な理由」は誰にも真似することができないものであり、面接の際には面接官があなたのことを魅力的に感じる強みになります。

マニュアル通りの志望動機をいう就活生は多く、正直そのような就活生は全く印象にも残らないばかりか、マイナスな印象になってしまうだけです。どれだけ小さなきっかけであっても構いません。志望動機には必ず自分にしかないエピソードを絡ませてオリジナリティを出すようにしましょう。

4給与・勤務環境ばかりをアピールするのはNG

4つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「給与・勤務環境ばかりをアピールする」ということです。働く上で給与や勤務環境というのは社員にとって非常に大切な要素になります。

しかし、給与や勤務環境などが志望動機の主軸になっているような就活生は内定をもらうことができませんあくまでも面接官が知りたいのは就活生がこの企業に入って何をしたいのかということであり「給与が高いから志望した」といったような理由では「その給与に見合った働きをしてくれるのか」といった思いが生まれることは必然的なことです。

また、他にも勤務環境として「有給休暇がしっかりと取れるから」「残業が少ないと聞いたから」といったような理由をあげる人も面接官の立場からすればあまりいい思いはしません。基本的に待遇面は採用情報に書かれていることが前提であると捉えて面接の場では業務内容などにフォーカスを当てた志望動機を述べることがいいです。

5実績自慢になるのはNG

5つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「志望動機が自分の実績自慢になっている」ということです。これもよくある志望動機の失敗例です。自分がいかに優れているのかということをアピールすることに執心しすぎると、これまでやってきたことをただ自慢するだけでなぜ志望しているのかが伝わらない志望動機となってしまいます

また、このように自分の実績ばかりをアピールしていると面接官から「自分を過信しすぎている」といったマイナス評価を受ける場合もあります。もちろん志望動機の中で自分のスキルや実績を絡ませることは必要ですがあくまでそれは過去のこと。

それよりも「なぜ自分がその企業に入りたいのか」ということにフォーカスを当てて志望動機を考えてください。もしその志望動機から過去の実績を掘り下げる質問がなされた場合にはしっかりとアピールするようにしましょう。

6具体性のない志望動機はNG

6つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「志望動機には具体性を持たせるようにする」ということです。最初にも述べた通り志望動機の中で最も大切なのはその企業に入社したいという気持ちであると同時にその気持ちを裏付ける企業研究を生かした分析です本当にその企業に入りたいと考えているのであればしっかりとした企業研究を行うはずです。

しかし、ただ「御社に入りたいです!」「気持ちはあります!」といったことだけを述べているだけで、なぜ入りたいのかについて具体的な理由が述べられない、もしくはありきたりで表面的な理由しか述べないのであれば面接官からすれば「言葉だけ」と捉えられかねません。そのような志望動機は信頼されることもありませんし、むしろネガティブな印象を面接官に与えてしまう場合もあります。

そのようにならないように入社したいという気持ちと具体的な理由を両立させた志望動機を考えるようにしましょう。

7受け身な姿勢の志望動機はNG

7つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「企業に貢献するというよりは、学びたい・成長したいといったような受け身の姿勢の志望動機にならないようにする」ということです。

新卒の就活生にはありがちなのですが、こういった「勉強したいです」という姿勢は謙虚なイメージを与える一方で、企業へ貢献してくれるイメージを面接官に与えることができません企業が欲しい人材は熱意があって即戦力となってくれる人材であって、企業から与えてもらうことを考えている人材ではありません。もちろん未経験の業種で働く場合には学ぶ姿勢も大切なのですが、これまでの経験や自分の特性・スキルなどを生かしてその企業に貢献していくことができる点について語ることの方が大切です。

8立地的な条件が理由の志望動機はNG

8つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「企業の立地的な条件が志望動機のメインにならないようにする」ということです。

例えば、「実家が近いから」ということや「地元で働きたいから会社がある御社を志望しました」という理由は面接官からすれば「地元で働けばどこでもいい」という捉えになってしまいます。もちろん住む場所は大切なのですが、転勤なども可能性としてある企業の場合には立地条件を理由に志望している就活生は雇いづらくて仕方がないでしょう。

9志望動機を述べる時間は1分程度を心がける

9つ目の志望動機を伝える際の注意点は、「1分程度を目処に志望動機をまとめる」ということです。志望動機は長すぎても短すぎても伝わりません。

  • なぜその企業がいいのか
  • その企業がいいと思ったきっかけ
  • 個人的なエピソード

などを志望動機に盛り込む場合には1分程度が妥当だと言えるでしょう。1分を超えてしまうとよほどの話力や表現力がなければ伝わりづらくなってしまったり冗長な印象を与えてしまいます逆に30秒程度ではしっかりと説得力を持って面接官に伝わる志望動機を述べることは難しいでしょう

志望動機を考えたら実際に面接で話すようなイメージで喋ってみて1分程度に収まるかどうかを確認しておきましょう。ただ早口で1分に納めても仕方がありません。ゆっくり丁寧な喋り方で1分に収まることを念頭に置いて志望動機を構成していきましょう。

以下の記事では自己紹介を題材に1分間で話す手法をご紹介しています。ここで紹介している手法は面接の全てに共通していますので、1分間で話すことができない方はこちらの記事も参考にしてみてください。

面接で使いたい志望動機の例文

それでは最後に面接で使いたい志望動機の例文について紹介をしていきます。以下の志望動機を自分の場合に置き換えてみながら例文のフォーマットを利用して自分だけの志望動機を作ってみてください。

面接で使いたい志望動機の例文1

私が御社を志望したのは低価格かつ高いクオリティの学習を全国的に展開する学習塾によって提供している御社の姿勢を見たからです。学習という子供達の将来にとって非常に大切な機会をできるだけ多くの人が享受できるようなサービスを提供しておられ、御社のサービスによってより良い未来を作っていくことができると確信しました。私自身、学生時代にはアルバイトで塾講師を経験したことがありました。そのアルバイトでは進路に悩む生徒の話を聞いたり、進路に繋げるために分からないところを一緒に解決していくことによって、将来を切り開いていく生徒の姿をたくさん見ることができました。そのときに私は「教育こそが人の未来を作っていくことができる手段なのだ」と気づくことができました。塾講師で培った教育についてのスキルを活かしながら、日本の未来を作っていく子供達に良い学習機会を与えられるように御社で尽力をしたいと考えています。(394文字)

面接で使いたい志望動機の例文2

私が御社を志望する理由は食品業界の中でも大規模な販売網を持っていることと、他社には真似できない積極的に時代をリードする画期的な商品開発を行う姿勢に憧れを抱いているからです。私は実家の祖母が過疎村に住んでいるのですがそのような場所にはなかなか食品が充実したラインナップで並べられることはないと嘆いている姿を見ました。しかし御社の商品はそのような過疎の村であっても独自の販売網を生かして供給を行っているということに気がつきました。私は優れた食品を日本のすべての人、ゆくゆくは海外にも供給していくことを実現したいと考えています。そのような夢を叶えるためには御社で勤務することが必要だと考えています。(296文字)

まとめ

今回の記事では面接の志望動機を考える際のコツや、面接で志望動機が聞かれる意味、面接の志望動機を伝える際の注意点などについて例文付きで解説をしていきました。面接でなかなか受からないと感じている方は今回の記事のポイントを参考にしながら自分の志望動機を改善してみてくださいね。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事