StartupStockPhotos / Pixabay

「何か質問はありますか?」と面接で聞かれる逆質問。慌ててしまったり、頭の中が混乱してしまった経験がある学生もいるのではないでしょうか?逆質問も立派な面接の手法です。つまり、採用に関わってくるということです。

それでは、面接の逆質問はいくら用意すればいいのでしょうか?逆質問の回答によっては、合否を左右しかねません。ここでは、逆質問の量と質に焦点をあてて解説していきます。

1.面接での逆質問はチャンス!いくつ用意すべきか?

geralt / Pixabay

逆質問は、あなたにとってピンチではありません。むしろ、チャンスだと捉えましょう。なぜならば、「自己PR」や「学生時代に力を入れたこと」などの質問と性質が異なるからです。逆質問は、自由度が高くなります。逆手に取れば、他の学生と差がつきやすい質問と言い換えられます。ピンチはチャンスです。下記に目安を記載していますが、面接は何があるかわかりません。それを頭に入れておいてください。

 

①逆質問はいくつが適切か?

結論から述べますと、いくつあっても問題ありません。中には、質問ばかりの面接もあります。企業研究をして、一つでも多く逆質問できる土台を築いておくことが一番です。とはいえ、100も200も用意する必要はありませんよね?現実的に考えて、そこまで逆質問にとれる時間はありません。目安をあげるのであれば、最低3つ、5~10つあれば安心といった範囲でしょう。

本質は、いくつ逆質問を用意すればいいというものでもありません。ゲームではないからです。あなたが本当にその企業のことを調べていくうちに聞きたいことが自然に出てくれば理想です。恋をすれば、相手のことたくさん知りたくなるのが人間です。それと同様、企業のことを知るうちに、知りたいことが前のめりに溢れ出れば、きっと熱意も伝わります。

面接の段階ごとに、3個、最終面接では2個などと明示しているサイトや書籍もありますが、鵜呑みにしてはいけません。なぜならば、面接は機械的に進まないからです。様々なパターンを想定しておくべきでしょう。思い込みや正解を求めることはオススメしません。あくまでも、目安と考えておくことが望ましいと思います。

 

②逆質問の視点

逆質問は、企業によって異なってきますので、いくつや何を質問したらいいのか、一概には言えません。しかしながら、質問の方向性はある程度に収れんされます。また、企業によっては、1次面接でも2次面接でも、毎回逆質問をしてくる場合もあります。その際は、同じ質問は避けましょう。面接官は違いますが、前回の情報は手元にあるはずです。下記、逆質問の視点の例をあげますので、参考にしてみてください。

 

  • 企業のことを知りたい

企業のことを知りたいという意欲は、すなわち「志望動機」につながります。志望意欲が高く、その企業への志望度が高いというイメージを抱いてもらう可能性があります。そのためには、ホームページや会社案内以外にも、アンテナを張っておきましょう。上場企業や優良企業であれば、新聞や経済誌にも目を光らせておくとよいでしょう。

 

【回答例】

「先日、日本経済新聞において、御社の社長の記事を拝見しました。将来の東南アジアでの展望、特にフィリピンについての事業展開には大変関心を覚えました。私も短期留学でフィリピンを訪れたことがあるからです。御社では、今後はさらに東南アジアでの将来の展望や具体的なプランなど、お話しいただけれる範囲でお聞きすることはできますでしょうか?」

 

  • 自分のことをさらにアピール

自分のアピールポイントを伝え損ねた場合、逆質問にさりげなく盛り込むこともできます。ダイレクトに伝えるのではなく、逆質問なので、企業方針などどと巧みにからめて、自分のことをアピールしてください。

 

【回答例】

「御社では貿易専門の部署がございますが、私は将来、そちらで働くことが夢です。大学のゼミで貿易について学び、現在は通関士の試験にチャレンジしています。貿易の職種にはどのような能力が求められますでしょうか?」

2.面接で逆質問をいくつか用意するメリット

TeroVesalainen / Pixabay

これほど自由度の高い質問はほかにありません。また、企業もどのような質問が来るのか期待しています。会社説明会でも質問が活発だと、話す人事側もやる気が出るものです。より熱意が強い学生に入社してもらいたいからです。残念な質問もありますが、準備を怠らず好印象を与えられる質問を用意しましょう。ここでは、面接での逆質問をいくつか用意するメリットをあげます。

 

【メリット】

  • 答えが事前に準備できる

他の質問もある程度、骨子は準備しますが、逆質問とは性質が異なります。逆質問は、読んで字のごとく、あなたに主導権があります。企業研究して、するどい質問をすれば、面接官が感心することだってあります。

  • 何を質問するか自分で操作できる

何でも聞いていいわけですから、いくつ質問を用意しておいてもいいわけです。内容も自分で決められます。もちろん、いくつという量も問題ですが、質も問われることは言うまでもありませんね。

  • アピールの絶好の機会

言い忘れたこと、アピールしたかったけれど、聞かれなかったことがあると思います。その際のアピールの絶好の機会の場です。無理やり押し込むのは避けたいところですが、機転を利かせて、うまく伝えられれば占めたものです。

  • 熱意を具体的に伝えられる

基本的に、志望動機などでも、一人に割ける時間はたかが知れています。逆質問を使って、何がしたいのか、なぜしたいのか、具体的に伝えることができるかもしれません。他の学生と差がつけられます。面接官も必死です。具体的な熱意が人を動かすこともあります。そのためには、あなたの情熱だけではなく、具体的な思考が問われます。

 

3.面接での逆質問の注意点。いくつ用意しても不安?

libellule789 / Pixabay

逆質問で、陥りやすい罠として、「逆質問〇選」などのサイトや書籍に頼り過ぎることです。今はインターネットが発達していますので、いつでもどこでも誰でも簡単に情報を入手することができる時代です。企業側もそれは百も承知です。つまり、安易な道は危険な道かもしれません。参考にすることは別にかまいませんが、そうではなく自分との関連性や理由を重視してください、

企業はあなたの個性を求めています。正しいやり方で個性をぶつけて不採用だとしても、それは企業とマッチしなかっただけです。テクニックで切り抜けられるほど、人生は甘くないのです。だからこそ、企業は「壁を乗り越えた経験」や「挫折経験」「大変だったこと」を聞きます。

最後に逆質問で聞くには、避けたい例をあげておきます。

 

  • 調べてわかることは聞かない
  • 漠然とした抽象的な質問
  • 逆に詳細で細かすぎる質問
  • 面接官への個人的な質問は控える
  • 福利厚生面ばかり質問してしまう
  • 同じ質問をする

 

面接での逆質問は、いくつ用意すればいいのか?のまとめ

逆質問はいくつ用意すればいいのか、正解はありません。しかしながら、いくつか事前に用意しておく方がメリットが多いことが理解できたのではないでしょうか。就職活動では、準備はしますが、これほど準備が功を奏す質問もありません。自分で聞きたいことを事前に考える時間もあれば、内容も精査できます。

逆質問は、最後に聞かれるケースも多く、内定が近づくにつれて聞かれる傾向が高くなります。企業にとっても、その学生の志望度を測る絶好の機会です。ピンチをチャンスに変えて、最後に好印象を与えてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事