Free-Photos / Pixabay

就活を始めると、「OBOG訪問」というワードを聞く機会が増えるかと思います。OBOG訪問とは自分の大学のOBやOGに企業や社会の話を聞きにいく、就職活動の一貫のことです。

では、OBOG訪問はどうして必要なのでしょうか?そして実際の始め方とは?今回はOBOG訪問の目的から、始めるべき時期、実際の始め方をご紹介します。「みんながやっているから...」という理由でOBOG訪問を始めるのではなく、目的を意識して充実した就職活動のもとにしていきましょう。

OBOG訪問とは?

まず、OBOG訪問はどうして必要なのでしょうか。また、就活を終えた先輩を見てみた時に、OBOG訪問やっていた人もいればやっていなかった人もいると思います。では、OBOG訪問が必要な業界とそうでない業界があるのでしょうか。

ここでは、OBOG訪問の目的と、OBOG訪問を必要とする業界についてご説明します。

企業や業界研究が深まる

まず、OBOG訪問を行う目的のひとつが、企業や業界研究が深まるという点です。

OBと話すことで、業界の話や職種の話を1対1で聞くことができます。例えば、仕事での苦労や経験から身についたことを聞くことによって、その企業の雰囲気や文化を知ることができます。こういった情報は自分が業界や職種、そして企業を決める際の決定要因になるため重要です。また実際にOBOG訪問で得た情報をもとに就活をすることで、WEB上に情報だけでなく、自分だけの考えを得ることができ、選考で志望動機を説明する際も説得力のある動機を話すことができるでしょう。また本音の情報を聞き出すことができます。最近はニュースで取り上げられたブラック企業もありましたが、有名な企業でも労働時間が異常に長かったり、給与が十分にもらえなかったりします。自分が志望している企業が、ブラック企業ではないかを判断するためにもOBOG訪問で生の情報を聞くことは重要といえるでしょう。

自己分析に役立つ

また、OBOG訪問を行う利点には自己分析に役立つという点も挙げられます。

OBに話を聞いている中で、魅力的に感じる企業や人もいれば、そうでない企業や人もいるでしょう。では、その違いはなんなのでしょうか。それをはっきりと把握することで「自分がどういう企業に魅力を感じるのか」「それはどうしてなのか」など、自分の理解を深めることができます。そして自分の理解を深めることができれば、自分にあっている業界や職種、そして企業もスムーズに見つかるようになるでしょう。また、「自分はこういう人間だから、御社のこういう部分に惹かれました」など、より具体性を持った志望動機につながるでしょう。

面接の予行練習になる

また最近では面接の予行練習としてOBOG訪問を活用する人もいるようです。

どのような企業に就職してもコミュニケーション能力は必要です。会社に属するということは個人事業主としてお金を稼ぐこととはちがい、自分以外の人と働くことが必要になります。そのため、ビジネスにおいてコミュニケーションを的確に取れることは、会社に入るうえで第一条件となります。

OBOG訪問では、社会人とビジネスのことに関して話すことになります。相手の質問に対して質問の意図を汲み取って話したり、自分の意見をわかりやすく説明したりと、ビジネス的なコミュニケーションの練習には大変有効な時間になるでしょう。また、面接ではじめて社会人と話すと緊張してしまう人もいますが、OBOG訪問で社会人と話すことに慣れておくと面接で余計な緊張をせずにすむことも利点のひとつです。

OBOG訪問が就活において有利になる場合も

OBOG訪問が就活で有利になる場合も

企業の中にはOBOG訪問をしたことが選考で有利に働く場合もあります。 志望する企業のOBに対して、何人にOBOG訪問をしたか回数を計測している企業などもあるのです。そのような企業がOBOG訪問を通して見ているのは、その学生が一体どのくらい志望度があるかや、入社したあとに実際にお客さんの元に自分の足を積極的に運べるか人間か、ということです。よって、OBOG訪問を必要としている企業もあるので、自分が志望している企業がOBOG訪問を必要とする企業かどうかは早めに調べてみるといいでしょう。

OBOG訪問を始める時期はいつ頃にすればいいの?

では、実際にOBOG訪問はいつから始めるべきなのでしょうか?

2020年は6月に採用面接などの選考が解禁します。そのためOBOG訪問は遅くとも、4月までには済ませておくことがいいでしょう。そうすることでOBOG訪問で得た情報をもとにESを書いたり、面接に望んだりすることができると思います。しかし、早いにこしたことはありません。早ければ早いほど志望度の高さをアピールすることができますし、たくさんの社会人に話を聞くことで業界や職種、企業についての理解が深まります。

OBOG訪問の始め方とは?

OBOG訪問の始め方をご紹介します。

OBを探す

まずはOBを探します。OBの探し方は以下の4通りです。

・学事(キャリアセンター)に相談する

・ゼミ、サークル、部活などの人脈を使って紹介してもらう

・企業の人事に連絡する

・アプリを利用する

自分がどんなOBに話を聞きたいかを明確にして、自分にあった方法でOBを探してみましょう。

アポイントを取る

OBOG訪問のメールは、社会人に送るビジネスメールです。ビジネスマナーを意識して、丁寧なメールを送るよう心がけましょう。また、相手は忙しい社会人であるため、わざわざ時間をとってOBOG訪問させていただけることへの感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

例文

□□株式会社

△△部

〇〇様

初めてメールをお送りいたします。

△△大学◇◇学部の〇〇と申します。

大学のキャリアセンターにて〇〇様の連絡先の紹介を受け、

OBOG訪問をさせていただきたくご連絡差し上げました。

私は現在、就職活動で企業研究を行なっており貴社に大変興味をもっています。

ぜひ貴社についてや、具体的な仕事内容について、

お話をお伺いする機会をいただけないでしょうか。

ご多忙のところお時間をいただくことになり申し訳ございませんが、

もしお受けいただけるのでしたら、〇〇様のご都合の良い日時を

お知らせいただければ幸いです。

お忙しいところ、大変お手数おかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————————

〇〇〇〇

△△大学◇◇学部

携帯番号:000-000-000

メール:△△△@gmail.com

———————————————————————————

準備する

実際にOBOG訪問をが決まったら、具体的な質問内容を考えましょう。なにを質問するかを考えずに当日会ってからあたふたしていては、せっかく時間を作ってくれたOBに失礼ですし、充実したOBOG訪問を行うことはできません。当日は何を聞きたいのかを明確にしてからOBOG訪問に臨みましょう。また、業界研究や企業研究に漏れがある場合は当日までに調べておくようにしましょう。

訪問する

当日に注意すべきポイントは3つです。

・遅刻しない

OBOG訪問をお願いした学生側が遅刻することはNGです。当日は10分前行動を心がけるなど、余裕を持って行動しましょう。

・ノートにメモを取る

準備した質問事項をノートに書いて忘れないようにするだけでなく、OBからの答えもしっかりメモをとり、あとで振り返ることができるようにしておきましょう。そうすることで何度も同じ質問をしてOBを煩わせることがなく、自分にとっても充実したOBOG訪問の時間にすることができます

・感謝の気持ちを忘れずに

OBや忙しい中時間を作ってくれています。OBOG訪問中は感謝の気持ちを忘れずに対応しましょう。

また、カフェやレストランで食事をしながらOBOG訪問をする場合は支払いはOBがしてくれうことが多いですが、自分も払おうとする気持ちは常に持っておくようにしましょう。

おわりに

OBOG訪問の目的から、始めるべき時期、実際の始め方をご紹介しました。

OBOG訪問を必要とする企業や必ずしも必要としない企業がありますが、学生の時期に社会人と話す機会を増やし、働くことについて考える時間を意識的にとることは業界や職種に関わらず誰にとってもプラスになるでしょう。OBOG訪問を通して自己理解を深め、納得のいく就活をすすめましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事