1次面接の通過率は?企業の見るポイントや選考対策も紹介!

就活を始めたばかりの人の中には1次面接の通過率について、1次面接は最初の面接なのだから通過率も高いだろうと考えている人も多いと思います。

ですが実際のところ1次面接の通過率は決して高いと言える数字ではありません。

今回は1次面接の通過率の目安について詳しく解説していきます。

また1次面接の通過率を上げるための選考対策についても解説していきますので、1次面接の通過率の実態について詳しく知りたいという人は是非目を通してみることをおすすめします。

1次面接の通過率は、高くない

1次面接の役割は、基本的なビジネスマナーや就活対策が身に着いていない就活生を振るい落とすことです。

そのため基本的なことさえできていれば1次面接は通過できる、と勘違いされがちなのですが、実は1次面接の通過率は決して高くはありません。

1次面接を通過するためには2次面接や最終面接といった、よりハードルの高い面接と同等の対策を行っていかなければならないのです。

1次面接の通過率はどれくらいか

1次面接の通過率についての3つのポイントについて詳しく解説していきます。

1次面接の通過率のポイントには、平均20~40%が通過率といわれている、応募人数と企業の採用人数の割合で通過率は変動する、企業によっては1次面接は基本的に通過させる企業もあるといったものがあり、1次面接を絶対に通過したい、と考えている人はまずこれらのポイントをきちんと理解した上で1次面接の対策を始めることをおすすめします。

  • 平均20~40%が通過率といわれている
  • 応募人数と、企業の採用人数の割合で通過率は変動する
  • 企業によっては、1次面接は基本的に通過させる企業もある

平均20~40%が通過率といわれている

1次面接の通過率のポイントの一つは、平均20~40%が通過率といわれていることです。

1次面接の通過率は平均で20~40%であり、就活生が想像する数字よりもかなり低くなっています。

1次面接は最初の面接だから半分以上は通過できるだろう、という甘い考えを持った就活生は間違いなく1次面接で振るい落とされる側ですので注意しましょう。

応募人数と、企業の採用人数の割合で通過率は変動する

1次面接の通過率のポイントの一つは、応募人数と企業の採用人数の割合で通過率は変動することです。

1次面接にあまりにも多くの人数が応募してきた場合、当然1次面接の通過率も下がります。

逆に1次面接に応募する人数が少なければ通過率は上昇しますので、1次面接を通過できるかどうかを考える時は志望する企業が今年どのくらい人気なのかも判断材料にしてみてください。

企業によっては、1次面接は基本的に通過させる企業もある

1次面接の通過率のポイントの一つは、企業によっては1次面接は基本的に通過させる企業もあることです。

1次面接の通過率は一般的にはそこまで高くありませんが、企業によっては余程の問題がなければ1次面接を通過させてしまい、その後の試験でしっかりと選考する、といった企業も存在します。

ただそういった企業の場合、1次面接の難易度が低いだけでそれ以降の試験の難易度が非常に難しいのが普通ですので、1次面接を通過できたからといって油断しているとあっさり不合格になってしまいます。

1次面接で企業の見る7つのポイント

1次面接で企業が就活生を見る時の7つのポイントについて詳しく解説していきます。

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントには、身だしなみなどの清潔感はあるか、会話のキャッチボールや傾聴ができているか、熱意はあるか、ビジネスマナーを理解しているか、主体性があるかどうか、企業側が一緒に働きたいと思えるような興味を持ってもらえる人物かどうか、仕事に対する意欲や積極性があるかどうかといったものがあり、これらのポイントをきちんと実践できて初めて1次面接の通過が見えてきますので、もし通過できるか自信がないという人は1次面接を受ける前に改めておさらいをしておくことをおすすめします。

  • 身だしなみなどの清潔感はあるか
  • 会話のキャッチボールや傾聴ができているか
  • 熱意はあるか
  • ビジネスマナーを理解しているか
  • 主体性があるかどうか
  • 企業側が一緒に働きたいと思えるような興味を持ってもらえる人物かどうか
  • 仕事に対する意欲や積極性があるかどうか

身だしなみなどの清潔感はあるか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、身だしなみなどの清潔感はあるかです

1次面接の面接官がまず最初にチェックするのが身だしなみであり、ここでミスをしてしまうと1次面接だけでなくその後の試験にも悪い影響が出てしまいます。

就活生の人は1次面接の時点で身だしなみを完璧にできるよう、徹底して勉強しておいてください。

会話のキャッチボールや傾聴ができているか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、会話のキャッチボールや傾聴ができているかです。

1次面接に限らずそもそも面接の目的とは業務を行う上で必須のコミュニケーション能力を測ることであり、1次面接の時点で会話の基本がなっていない、と判断されてしまうと挽回は極めて難しいと言えます。

1次面接は集団面接の形式が多いですが、面接官に悪い意味で注目されることのないよう神経を尖らせておく必要があります。

熱意はあるか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、熱意はあるかです。

1次面接の時点ではそこまで強く熱意をアピールする必要はありませんが、だからといってやる気のなさが表に出てしまっているような態度を取れば評価は確実に下がります。

1次面接の面接官が不快に思わないレベルで熱意をアピールしていけば、1次面接を通過できる可能性は確実に高くなると言えるでしょう。

ビジネスマナーを理解しているか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、ビジネスマナーを理解しているかです。

企業は1次面接の時点でビジネスマナーの基本を身に着けていることを就活生に要求してきますので、ちょっとしたビジネスマナーのミスが1次面接の結果を左右しかねません。

1次面接の本番で正しいビジネスマナーを実践するためにはどうしても慣れが必要ですので、積極的に1次面接に参加して経験を積むことをおすすめします。

主体性があるかどうか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、主体性があるかどうかです。

企業としては受け身の指示待ち人間のような人物は採用したくありませんので、1次面接でも主体性があるかどうかを厳しくチェックしています。

1次面接を通過するためには主体性がありつつも場の空気を乱さない、というバランス感覚が求められますので、就活セミナーの面接対策なども活用して感覚を掴んでみるとよいでしょう。

企業側が一緒に働きたいと思えるような興味を持ってもらえる人物かどうか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、企業側が一緒に働きたいと思えるような興味を持ってもらえる人物かどうかです。

1次面接は就活における基本ができていない人を振るい落とすための面接ですが、それでも1次面接の面接官に対して最低限のアピールは必要です。

質問に対して大きくはっきりとした声で答えたり、姿勢を正して面接官の方をしっかり見ながら話すといったことでも1次面接では十分なアピールになります。

仕事に対する意欲や積極性があるかどうか

1次面接で企業が就活生を見る時のポイントの一つは、仕事に対する意欲や積極性があるかどうかです。

1次面接の時点で仕事に対する意欲や積極性なんて判断できるのか、と思う人もいるかと思いますが、些細な服装の乱れや話し方、声の張り方にも仕事に対する意欲や積極性は表れます。

1次面接の面接官はそういった細かいところをチェックしてきますので、1次面接に通過したいのであれば日頃から細部まで神経を配ることを習慣づけるようにするとよいでしょう。

1次面接への7つの選考対策

1次面接への7つの選考対策について、詳しく解説していきます。

1次面接への選考対策には、よく聞かれる質問への答えを用意しておく、自己PRは時間別で文を考えて用意しておく、嘘をつかず話の筋が通っている回答をする、自己分析をしっかりと行う、明るくハキハキと話す、回答は暗記しているような印象を与えないように話す、就活のマナーを理解して実践するといったものがあり、これらの対策を実行した上で1次面接を受ければ十分通過することは可能ですので、必要以上に1次面接を恐れる必要はないと言えます。

  • よく聞かれる質問への答えを用意しておく
  • 自己PRは時間別で文を考えて用意しておく
  • 嘘をつかず話の筋が通っている回答をする
  • 自己分析をしっかりと行う
  • 明るくハキハキと話す
  • 回答は暗記しているような印象を与えないように話す
  • 就活のマナーを理解して、実践する

よく聞かれる質問への答えを用意しておく

1次面接への選考対策の一つは、よく聞かれる質問への答えを用意しておくことです。

1次面接は集団面接の形式が多く、就活生一人一人にそこまで踏み込んだ質問をしてくる可能性は低いと言えます。

よって1次面接を受ける時はよく聞かれるであろう質問と、それに対する好感度の高い回答をあらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

自己PRは時間別で文を考えて用意しておく

1次面接への選考対策の一つは、自己PRは時間別で文を考えて用意しておくことです。

1次面接は一人当たりの回答時間が決められているケースがほとんどですので、どんな回答時間を設定されても対応できるよう時間別に文章を考えておく必要があります。

1次面接の時点でそこまでする必要があるのか、と思う人もいるかもしれませんが、そもそも1次面接を通過しなければ内定は獲得できないことを忘れないようにしてください。

嘘をつかず話の筋が通っている回答をする

1次面接への選考対策の一つは、嘘をつかず話の筋が通っている回答をすることです。

1次面接をどうしても通過したいがために、自分の経歴に関する嘘をついたり大袈裟に言ってしまう人もいるかと思います。

ですがそういったことは所詮一時的な誤魔化しにしかならず、たとえ1次面接を通過できたとしてもそれ以降の面接でバレてしまえば評価が一気に下がってしまうことを覚えておきましょう。

自己分析をしっかりと行う

1次面接への選考対策の一つは、自己分析をしっかりと行うことです。

自己分析をしっかりと行うことで自分が本当に興味が持てたり能力を発揮できる企業を選択できるようになり、そういった企業であれば1次面接を通過できる可能性も高くなると言えます。

自分を知ることは面接の基本中の基本ですので、1次面接の対策をする前にまずは自分自身をしっかりと分析してみてください。

明るくハキハキと話す

1次面接への選考対策の一つは、明るくハキハキと話すことです。

1次面接に限らず会話の時に明るくハキハキと話すことができない人をわざわざ採用したがる企業はありません。

ですがこういった基本的なことができていない就活生も多いので、1次面接でそういった人達に差をつけるためにも話す時は明るくハキハキとした態度を取るようにしましょう。

回答は暗記しているような印象を与えないように話す

1次面接への選考対策の一つは、回答は暗記しているような印象を与えないように話すことです。

1次面接で聞かれやすい質問の回答を暗記しておくのは非常に重要なのですが、暗記したものをただ話すのでは1次面接の面接官に好印象を与えることはできません。

飽くまでも自分の言葉で回答している、という雰囲気で話すことで面接官に自分の意見をしっかりと持っている人だ、という印象を与えることが可能です。

就活のマナーを理解して、実践する

1次面接への選考対策の一つは、就活のマナーを理解して実践することです。

就活のマナーは非常に細かく数も多いため完璧に実践することは極めて難しく、1次面接の通過率が低いことがその証拠となっています。

逆に言えば就活のマナーを完璧に実践できればそれは1次面接だけでなく、それ以降の面接においても非常に有効な武器となるでしょう。

1次面接は、企業が見る視点を理解して対策をした方が良い

1次面接の通過率の平均は高くありませんが、丁寧な対策を積み重ねていけば必ず通過することができます。

1次面接を通過するためには企業がどういった就活生を採用したいか、という視点を持つことが重要になってきますので、中々1次面接を通過できない人はまず自分は企業の人からどう見えているか、ということを考えてみることをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事