1次面接の結果はいつくる?遅い場合は落ちた?期間や問い合わせ方法も調査!

1次面接を受けた後中々結果の連絡が来ないので不安に思ったという経験は、就活生であれば誰もがすると思います。

今回は1次面接の結果はいつ頃に来るのか、ということについて詳しく解説していきます。

1次面接の結果が来るのが遅いことをどう判断すべきかや、どのくらいの期間来なければ問い合わせをすべきなのか、また1次面接の結果の問い合わせ方法についても解説していきますので、1次面接の結果の連絡について悩みたくない、という人は是非参考にしてみるとよいでしょう。

Contents

1次面接の結果は、早めに来る事が多い

1次面接は志望者の中から基本的なビジネスマナーができていない人を振るい落とすための面接であり、そのため結果の連絡も早いことが多いです。

1次面接の結果の連絡が来るまでの期間は企業によって違いますが、あまりにも長期間1次面接の結果の連絡が来ない場合は、企業側で何らかのトラブルが発生した可能性もありますので、自分から連絡をしてみることも一つの手段だと言えます。

1次面接の結果が来るまでの期間はどれくらいか

1次面接の結果の連絡についての3つの注意点を詳しく解説していきます。

1次面接の結果の連絡についての注意点には、結果が来るまで1週間以内の企業が多い、電話やメールで結果が来る、早めに連絡がきた場合は合格している可能性が高いといったものがあり、これらの注意点をあらかじめ把握しておけば、1次面接の結果の連絡を待っている時に一々動揺することなく過ごすことができるでしょう。

  • 結果が来るまで1週間以内の企業が多い
  • 電話やメールで結果が来る
  • 早めに連絡がきた場合は、合格している可能性が高い

結果が来るまで1週間以内の企業が多い

1次面接の結果の連絡についての注意点の一つは、結果が来るまで1週間以内の企業が多いことです。

1次面接はその性質上就活生一人一人をじっくりと吟味する、ということはあまりありませんので、結果の連絡も数日から長くても1週間ほどで来ることが多いです。

逆に言えば1週間以上経っても1次面接の結果の連絡が来ない場合、なんらかの問題が起きている可能性があります。

電話やメールで結果が来る

1次面接の結果の連絡についての注意点の一つは、電話やメールで結果が来ることです。

1次面接は飽くまでも就職試験の一過程に過ぎず、結果の連絡も電話かメールで済まされます。

1次面接を通過したからといって、書面で結果が知らされるわけではないので注意してください。

早めに連絡がきた場合は、合格している可能性が高い

1次面接の結果の連絡についての注意点の一つは、早めに連絡がきた場合は合格している可能性が高いことです。

1次面接に限らず就職試験では有望な就活生を早く確保しておくため、結果の連絡が早いほど合格している可能性は高くなります。

1次面接の結果の連絡が数日以内に来た場合は合格の可能性がかなり高いと言えますが、もちろん絶対ではありませんので喜ぶのはきちんと合格しているかどうか確認してからにしましょう。

1次面接の結果が遅い場合は落ちたということか

1次面接の結果の連絡が遅い時の7つの注意点について、詳しく解説していきます。

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点には、結果が遅いからといって落ちたということではない、大企業などで応募者が多い場合は選考に時間がかかる、二次面接への準備などを行っている可能性がある、ミスは許されないので連絡先や合否を何度も確認しているため時間がかかる、補欠合格の候補となっている場合があるため辞退者がでるまで待っている、連絡作業が大変なので何も連絡をせずに不合格としている、合格ラインかどうかのギリギリなので合格とすべきか悩んでいるといったものがあり、もし1次面接の結果の連絡が中々来ないという人も簡単に諦めてしまうことのないようにしてください。

  • 結果が遅いからといって、落ちたということではない
  • 大企業などで応募者が多い場合は、選考に時間がかかる
  • 二次面接への準備などを行っている可能性がある
  • ミスは許されないので、連絡先や合否を何度も確認しているため時間がかかる
  • 補欠合格の候補となっている場合があるため、辞退者がでるまで待っている
  • 連絡作業が大変なので、何も連絡をせずに不合格としている
  • 合格ラインかどうかのギリギリなので、合格とすべきか悩んでいる

結果が遅いからといって、落ちたということではない

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、結果が遅いからといって落ちたということではないことです。

なんらかの理由で1次面接の結果の連絡が普通よりも遅くなってしまうことは特に珍しいことではなく、遅れた理由もちょっとした業務上の遅れなど大したことがない場合がほとんどです。

1次面接の結果を知らせる電話もメールも来る気配がないからといって、不合格になってしまったと思い込むことはしないようにしてください。

大企業などで応募者が多い場合は、選考に時間がかかる

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、大企業などで応募者が多い場合は選考に時間がかかることです。

大企業の場合、1次面接を受ける就活生の数も膨大であり、当然結果の連絡にも相応の時間がかかります。

大企業の1次面接を受けた時は、自分が想像しているよりも結果の連絡に時間がかかるということを頭に入れておいてください。

二次面接への準備などを行っている可能性がある

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、二次面接への準備などを行っている可能性があることです。

就活は企業にとっても一大イベントであり、二次面接など次の選考の準備で1次面接の結果の連絡まで手が回っていない可能性もあります。

就活のスケジュールは企業の都合によって変わるものですので、1次面接の結果の連絡が遅い時は企業側の対応が間に合っていない可能性を考えてみるとよいでしょう。

ミスは許されないので、連絡先や合否を何度も確認しているため時間がかかる

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、ミスは許されないので連絡先や合否を何度も確認しているため時間がかかることです。

就活の場合些細な連絡先のミスが非常に大きな問題に繋がることも十分あり得ますので、普通の企業の場合1次面接の結果の連絡も丁寧に対応します。

逆に1次面接の結果の連絡があまりにも雑なものだった場合、ブラック企業の疑いがあるので注意することをおすすめします。

補欠合格の候補となっている場合があるため、辞退者がでるまで待っている

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、補欠合格の候補となっている場合があるため辞退者がでるまで待っていることです。

大企業の場合1次面接でも補欠合格というものがあり、補欠合格になってしまうと他の就活生が選考を辞退してくれるまで結果の連絡ができないことになります。

1次面接の結果が中々来ないのであれば、自分が補欠合格者になった可能性も考えて行動してみてください。

連絡作業が大変なので、何も連絡をせずに不合格としている

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、連絡作業が大変なので何も連絡をせずに不合格としていることです。

1次面接の結果は電話やメールなどできちんと連絡するのが普通ですが、中には業務上の負担を減らすため連絡をしないことで不合格としている企業もあります。

ただこういった企業は働いている人に余裕がないことが多いため、そのような企業の1次面接の結果が不合格になったことをあまり悪く捉えないようにしましょう。

合格ラインかどうかのギリギリなので、合格とすべきか悩んでいる

1次面接の結果の連絡が遅い時の注意点の一つは、合格ラインかどうかのギリギリなので合格とすべきか悩んでいることです。

1次面接であっても合格ラインギリギリの人を判断する場合、時間がかかって結果の連絡が遅くなるというもあります。

あまり1次面接の結果に自信がない場合、企業側が選考結果を出してくれるのを落ち着いて待つようにしてください。

1次面接の結果が来ない場合の5つの注意点

1次面接の結果が出ない時の5つの注意点について、詳しく解説していきます。

1次面接の結果が出ない時の注意点には、電話かメールのどちらかで問い合わせる、結果が2週間経っても来ない場合に問い合わせる、必ず企業の就業時間帯に問い合わせる、催促している印象を与えないようにする、ビジネスマナーを意識した対応で問い合わせるといったものがあり、これらを守れないと1次面接の結果がギリギリだった時に最後の一押しとなって不合格になってしまう危険性もありますので、くれぐれも注意してください。

  • 電話かメールのどちらかで問い合わせる
  • 結果が2週間経っても来ない場合に問い合わせる
  • 必ず、企業の就業時間帯に問い合わせる
  • 催促している印象を与えないようにする
  • ビジネスマナーを意識した対応で問い合わせる

電話かメールのどちらかで問い合わせる

1次面接の結果が出ない時の注意点の一つは、電話かメールのどちらかで問い合わせることです。

確かに就活中は極力丁寧な対応が求められますが、だからといって1次面接の結果を書面で問い合わせるのは企業にとっても迷惑ですので、必ず電話かメールのどちらかを使って1次面接の結果を問い合わせてください。

結果が2週間経っても来ない場合に問い合わせる

1次面接の結果が出ない時の注意点の一つは、結果が2週間経っても来ない場合に問い合わせることです。

1次面接の結果はほぼ1週間以内に来るものと考えてよく、2週間経っても1次面接の結果の連絡が来ないのであればなんらかの問題が生じている可能性が極めて高いと言えますので、その場合は自分から企業に問い合わせるようにしましょう。

必ず、企業の就業時間帯に問い合わせる

1次面接の結果が出ない時の注意点の一つは、必ず企業の就業時間帯に問い合わせることです。

就業時間帯以外の時間に1次面接の結果を問い合わせても答えてもらえない可能性の方が高く、またもしこのことが企業の人に知られてしまった場合、常識のない人だと判断されてしまいますので、1次面接の結果を問い合わせる時は企業が業務を行っている迷惑にならない時間帯に行うようにしてください。

催促している印象を与えないようにする

1次面接の結果が出ない時の注意点の一つは、催促している印象を与えないようにすることです。

1次面接の結果がわからず不安になることもあるかと思いますが、それで企業側に催促するような連絡をしてしまえば最悪1次面接の結果が合格から不合格に変わってしまう恐れもありますので、飽くまでも丁寧かつ自然な態度で問い合わせるようにしてください。

ビジネスマナーを意識した対応で問い合わせる

1次面接の結果が出ない時の注意点の一つは、ビジネスマナーを意識した対応で問い合わせることです。

1次面接の結果の連絡を中々くれなかったからといって、そのことで企業を責めたりすれば一発で1次面接の結果は不合格になってしまいますので、どれほど不安に思っていたとしても問い合わせの時はビジネスマナーを意識した態度を取ることを忘れないようにしましょう。

1次面接の結果が来ない場合の問い合わせ方法【メール編】

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法について詳しく解説していきます。

1次面接についてメールで問い合わせる時は文面をやりすぎだと思うくらいかしこまったものにすることで、まだ選考が途中だったとしても結果が合格から不合格に傾いてしまうのを防ぐことが可能です。

  • 件名は、「〇月〇日の面接結果につきまして」とする
  • 本文の最初には、企業名、所属、名前を間違えないように書く
  • まずは、面接をして頂いた感謝の気持ちを述べる
  • 合否の結果をいつ頃、ご連絡を頂けるのかを伺う
  • 催促めいたメールをし申し訳ない気持ちを述べる
  • 最後は、よろしくお願いいたします。で締める

件名は、「〇月〇日の面接結果につきまして」とする

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、件名は「〇月〇日の面接結果につきまして」とすることです。

1次面接の結果を問い合わせるメールを送る時は、採用担当者の人が一目でなんのことが知りたいのかわかる件名にすることで企業の負担を減らすと共に、好感度を上げることができます。

本文の最初には、企業名、所属、名前を間違えないように書く

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、本文の最初には、企業名、所属、名前を間違えないように書くことです。

1次面接の結果の問い合わせのメールでここを間違えてしまうと、印象が悪くなるのはほぼ避けられないと言えますので、何度も繰り返し確認することを強くおすすめします。

まずは、面接をして頂いた感謝の気持ちを述べる

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、まずは面接をして頂いた感謝の気持ちを述べることです。

たとえ1次面接の結果が遅くなったに苛立ちを覚えていたとしても、その気持ちを抑えて感謝の気持ちを述べることが好感度のアップに繋がります。

合否の結果をいつ頃、ご連絡を頂けるのかを伺う

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、合否の結果をいつ頃ご連絡を頂けるのかを伺うことです。

1次面接の結果の連絡がいつ来るのか、具体的な日時を聞くことで自分の中の不安な気持ちを解消すると共に、企業が何かと理由をつけて連絡を更に先延ばしにしてくるのを回避することができます。

催促めいたメールをし申し訳ない気持ちを述べる

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、催促めいたメールをし申し訳ない気持ちを述べることです。

たとえ1次面接の結果の連絡が遅れたのが企業側の業務上のミスによるものであったとしても、問い合わせのメールでは申し訳ないという気持ちを前面に出すようにしましょう。

最後は、よろしくお願いいたします。で締める

1次面接の結果が来ない場合のメールでの問い合わせ方法の一つは、最後はよろしくお願いいたしますで締めることです。

1次面接の結果の問い合わせのメールはビジネスメールの一つですので、たとえ企業側の対応に問題があると思っても、文面の最後は必ずよろしくお願いいたしますを使うようにしてください。

1次面接の結果が来ない場合の問い合わせ方法【電話編】

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法について詳しく解説していきます。

1次面接の結果について電話で問い合わせる時は、くれぐれも連絡が遅いことによる不安や企業の対応の遅さへの不満が声に出ることのないよう注意してください。

  • まずは、自分の大学名、学科、名前を言う
  • 面接結果についての問い合わせで電話をした旨を伝える
  • 担当者の所属、名前を伝えて取り次いでもらう
  • 担当者が出たら、面接をして頂いた感謝の気持ちを伝える
  • 面接の結果をいつ頃頂けるのかを聞く
  • 催促めいた電話をし申し訳ない気持ちを伝える

まずは、自分の大学名、学科、名前を言う

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、まずは自分の大学名、学科、名前を言うことです。

1次面接の結果の問い合わせの電話はビジネスにおける電話のやり取りですので、自分の名前や身分を最初に相手に伝えることは基本中の基本です。

面接結果についての問い合わせで電話をした旨を伝える

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、面接結果についての問い合わせで電話をした旨を伝えることです。

1次面接の結果について問い合わせたいという目的がわからなければ、相手もどのように対応していいのか当然わかりませんので、会話の最初に自分が電話した目的を伝えるようにしましょう。

担当者の所属、名前を伝えて取り次いでもらう

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、担当者の所属と名前を伝えて取り次いでもらうことです。

担当者でない人に1次面接の結果について問い合わせても無駄ですので、担当者の正しい所属と名前をきちんと把握しておくようにしてください。

担当者が出たら、面接をして頂いた感謝の気持ちを伝える

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、担当者が出たら面接をして頂いた感謝の気持ちを伝えることです。

1次面接の結果の問い合わせの電話の態度が悪かった、という理由で最悪合格から不合格になってしまうケースもあることを頭に入れておいてください。

面接の結果をいつ頃頂けるのかを聞く

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、面接の結果をいつ頃頂けるのかを聞くことです。

1次面接の結果の連絡がもらえる具体的な日時を聞いておくことで、いつ合否の連絡がもらえるかわからないという不安が続く状態を脱出し、気持ちを切り替えて就活に臨むことができます。

催促めいた電話をし申し訳ない気持ちを伝える

1次面接の結果が来ない場合の電話での問い合わせ方法の一つは、催促めいた電話をし申し訳ない気持ちを伝えることです。

1次面接の結果の連絡が中々来ないのが企業側のトラブルによるものであったとしても、自分に非があるという態度を取ることで印象をアップさせることが可能です。

1次面接の結果を問い合わせる時は、ビジネスマナーを意識しよう

1次面接の結果を自分から問い合わせる場合、たとえ企業側の問題で連絡が遅れていたとしても、迷惑をかけて申し訳ないという態度を取ることが重要になってきます。

徹底して謙った態度を取ることで自然と企業側の印象もよくなり、1次面接の結果だけでなくそれ以降の選考の結果もよいものになるでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事