就活の謝罪・お詫びメールの例文・フレーズ5選!無断欠席などのシーン別で注意点も紹介!

就活ではどんなに気をつけていても思わぬトラブルに見舞われてしまう時はあるものです。今回は就活でトラブルに見舞われてしまった時に企業に対して送る謝罪・お詫びメールの例文やフレーズ5選について詳しく解説していきます。

面接の無断欠席など具体的なシーンに合わせた謝罪・お詫びメールの例文を取り上げていきますので、もしも就活でトラブルが起きてしまった時に企業に正しい謝罪・お詫びメールを送れるか不安だ、という人は是非目を通してみてください。

就活でもお詫びのメールの例文は覚えておくべき

社会に出ればどうしても謝罪・お詫びメールを書く機会は増えますが、就活生の時点でも企業に対して謝罪・お詫びメールを書かなければならない事態に陥ってしまう、というのは十分にあり得ることです。

なんらかのトラブルに巻き込まれて企業に対し謝罪・お詫びメールを送らなければならなくなった時、正しい書き方が身に着いていないと恥をかいてしまう危険性がありますので、就活生のうちに正しい謝罪・お詫びメールの書き方をしっかり身に着けておくことをおすすめします。

就活時の謝罪・お詫びメール例文3つ【会社説明会編】

就活の会社説明会にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文3つについて詳しく解説していきます。

就活の会社説明会にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文には、会社説明会を欠席する時、会社説明会に遅刻しそうな時、会社説明会に遅刻しそうな時の3つのケースがありますので、これらのケースの時に慌てずに企業に謝罪・お詫びメールを送れるようになりたい、という人は参考にしてみるとよいでしょう。

  • 1.会社説明会を欠席する時
  • 2.会社説明会に遅刻しそうな時
  • 3.会社説明会を無断欠席した時

1.会社説明会を欠席する時

就活の会社説明会にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文の一つは、会社説明会を欠席する時のものです。

この場合自分から会社説明会に参加することを希望して申し込んだにもかかわらず、急用ができてしまい会社説明会に参加できなくなってしまった時のことを想定した謝罪・お詫びメールの例文となります。

メールのポイント

会社説明会を欠席する時の謝罪・お詫びメールのポイントについて詳しく解説していきます。

会社説明会を欠席する時の謝罪・お詫びメールのポイントとして、会社説明会に参加することが不可能になった時点で一分一秒でも早くメールを送ることや、謝罪・お詫びメールだからといってダラダラと長い文章を送るのではなく欠席しなければならくなった理由を簡潔に述べるといったものが挙げられます。

メール例文

会社説明会を欠席する時の謝罪・お詫びメールの例文について詳しく紹介していきます。

会社説明会を欠席する時の謝罪・お詫びメールの例文ですが、お忙しい中せっかく日程調整をして頂いたにも関わらず、多大なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません、といったお詫びの言葉を必ず添えるようにしてください。

2.会社説明会に遅刻しそうな時

就活の会社説明会にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文の一つは、会社説明会に遅刻しそうな時のものです。

この場合希望して参加させてもらう会社説明会に、公共交通機関のトラブルなどで明らかに遅刻してしまいそうな時のことを想定した謝罪・お詫びメールの例文となります。

メールのポイント

会社説明会を遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールのポイントについて詳しく解説していきます。

会社説明会を遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールのポイントとして、公共交通機関を利用している時に明らかに遅刻しそうだと感じた時点で即座に謝罪・お詫びメールを送ることや、会社説明会に何時くらいに到着できそうなのかを書いておくといったものが挙げられます。

メール例文

会社説明会を遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールの例文について詳しく紹介していきます。

会社説明会を遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールの例文ですが、現在乗車している電車が緊急停止し、会社説明会の開催予定時間に間に合いそうにありません、現在は運転を再開していますが、既に30分程遅れております、というように何故遅刻しそうなのか、また現状どのくらいの遅れそうなのかを簡潔に伝える必要があります。

また慌てて謝罪・お詫びメールを送るとどうしてもお詫びの言葉を忘れてしまいがちですので、くれぐれも注意してください。

3.会社説明会を無断欠席した時

就活の会社説明会にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文の一つは、会社説明会を無断欠席した時のものです。

この場合スケジュール管理のミスによって、参加を希望していた会社説明会を無断欠席してしまった時のことを想定した謝罪・お詫びメールの例文となります。

メールのポイント

会社説明会を無断欠席してしまった時の謝罪・お詫びメールのポイントについて詳しく解説していきます。

会社説明会を無断欠席してしまった時の謝罪・お詫びメールのポイントとして、どうして会社説明会を無断欠席するようなことになってしまったのかという理由を言葉にしてはっきりと伝えることや、言い訳をしているように感じられる文章は絶対に書かないことを心がける、といったことが挙げられます。

メール例文

会社説明会を無断欠席してしまった時の謝罪・お詫びメールの例文について詳しく紹介していきます。

会社説明会を無断欠席してしまった時の謝罪・お詫びメールの例文ですが、わざわざ席をご用意して頂いたにもかかわらず、私のスケジュール管理の怠慢によって会社説明会の日程を失念してしまい、無断での欠席となりましたこと、心から反省しております、というように言い訳をすることなく徹底して謝罪に努めるようにしましょう。

また謝罪・お詫びメールの最後に必ず署名を入れることを忘れないようにしてください。

就活時の謝罪・お詫びメール例文2つ【面接編】

就活の面接にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文2つについて詳しく解説していきます。

就活の面接にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文には、面接をキャンセルする時、面接に遅刻しそうな時の2つのケースがありますので、こういった事態に直面した時にパニックになることなく正しい謝罪・お詫びメールを送れるようになっておきたい、という人は是非目を通してみてください。

  • 4.面接をキャンセルする時
  • 5.面接に遅刻しそうな時

4.面接をキャンセルする時

就活の面接にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文の一つは、面接をキャンセルする時のものです。

この場合面接の予定が入っていたにも関わらず、本命の企業から内定をもらうなどして面接をキャンセルしなければならなくなった時のことを想定した謝罪・お詫びメールの例文となります。

メールのポイント

面接をキャンセルする時の謝罪・お詫びメールのポイントについて詳しく解説していきます。

面接をキャンセルする時の謝罪・お詫びメールのポイントとして、メールの送り先となる企業の採用担当者の人の会社名、部署名、氏名までをしっかりと記載することや、面接を辞退したいという自分の意思を簡潔に示すといったことが挙げられます。

メール例文

面接をキャンセルする時の謝罪・お詫びメールの例文について詳しく紹介していきます。

面接をキャンセルする時の謝罪・お詫びメールの例文ですが、この度、面接のお約束を頂いておりましたが、一身上の都合により辞退させて頂きたく御連絡致しました、貴重なお時間を割いてまで選考して頂く筈がこのような結果となってしまい、心よりお詫び申し上げます、というように面接を辞退することについて心から謝罪していることを丁寧な言葉で伝えるよう意識してください。

5.面接に遅刻しそうな時

就活の面接にまつわるトラブルで謝罪・お詫びメールを送る時の例文の一つは、面接に遅刻しそうな時のものです。

この場合公共交通機関の遅れなどによって、指定された面接の時間に明らかに間に合わない時のことを想定した謝罪・お詫びメールの例文となります。

メールのポイント

面接に遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールのポイントについて詳しく解説していきます。

面接に遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールのポイントとして、メールの先頭にまず謝罪の言葉を持ってくることや、面接の予定時間に間に合わなくなってしまったのはどうしてかという理由を誤魔化すことなくはっきりと伝える、といったことが挙げられます。

また面接会場には何時ぐらいに到着できそうか、といった到着予想時刻も忘れずメールに書くようにしてください。

メール例文

面接に遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールの例文について詳しく紹介していきます。

面接に遅刻しそうな時の謝罪・お詫びメールの例文ですが、「お約束していたのにも関わらず面接の予定時間に遅刻してしまうこと、心からお詫び申し上げます、どうかご理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます、予定の時間を過ぎてしまいますが、このまま御社へ伺わせて頂いても宜しいでしょうか」というように面接に遅れてしまうことを心から謝罪すると共に、面接を受けたいという意思がまだあることをはっきりと伝えるようにしましょう。

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の4つの注意点

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の4つの注意点について詳しく解説していきます。

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の注意点には、問題が起こった経緯を説明する、言い訳せず素直に謝罪をする、反省する気持ちと改善点を含める、まず電話で謝罪しその後メールを送るといったものがあり、これらの注意点をしっかり守ることで企業からの信頼度の減少を最小限に食い止めることが可能となります。

  • 注意点1:問題が起こった経緯を説明する
  • 注意点2:言い訳せず素直に謝罪をする
  • 注意点3:反省する気持ちと改善点を含める
  • 注意点4:まず電話で謝罪しその後メールを送る

注意点1:問題が起こった経緯を説明する

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の注意点の一つは、問題が起こった経緯を説明することです。

その問題が起こった経緯をメールで伝えないと企業側も事態が把握できず、対応に困ってしまいますのでくれぐれも問題が起こった経緯を説明することを忘れないようにしてください。

注意点2:言い訳せず素直に謝罪をする

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の注意点の一つは、言い訳せず素直に謝罪をすることです。

謝罪・お詫びメールで言い訳をしたくなる気持ちがわかりますが、実際にそれを行ってしまうと企業側の信頼度が上がるどころか大幅に下がってしまいますので、絶対に言い訳はしないでください。

注意点3:反省する気持ちと改善点を含める

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の注意点の一つは、反省する気持ちと改善点を含めることです。

謝罪・お詫びメールに反省する気持ちと改善点が含まれていないと、採用担当者の人にこの人はトラブルを糧として成長する能力がない人だ、と思われてしまっても仕方ありませんのでくれぐれも注意するようにしましょう。

注意点4:まず電話で謝罪しその後メールを送る

就活時の謝罪・お詫びメールを送る時の注意点の一つは、まず電話で謝罪しその後メールを送ることです。

メールよりも電話の方が気づきやすく、また状況を素早く伝えることができるため、就活中になんらかのトラブルに見舞われた際はメールよりも先に採用担当者の人に電話をして状況を伝え、その後で改めて謝罪・お詫びメールを送ることをおすすめします。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の使えるフレーズ集

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の使えるフレーズ2選について詳しく解説していきます。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の使えるフレーズには、謝罪の気持ちを表すフレーズと反省の気持ちを表すフレーズの二つがあり、両方を自在に使いこなせるようになっておけば就活でトラブルが起きた時に必ず役に立つことでしょう。

  • 謝罪の気持ちを表すフレーズ
  • 反省の気持ちを表すフレーズ

謝罪の気持ちを表すフレーズ

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の使えるフレーズの一つは、謝罪の気持ちを表すフレーズです。

謝罪の気持ちを表すフレーズには、失礼を重ねてしまい本当に申し訳ございませんでした、この度は多大なご迷惑をおかけしてしまい心からお詫び申し上げます、といったものがあり、とにかく丁寧に謝罪の気持ちを伝えることが重要視されます。

反省の気持ちを表すフレーズ

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の使えるフレーズの一つは、反省の気持ちを表すフレーズです。

反省の気持ちを表すフレーズには、私の不徳の致すところであり猛省しております、このようなことを繰り返さないよう以後気をつけて参ります、といったものがあり、自分の失敗を素直に認めつつ成長するために活かす姿勢を表すことが重要視されます。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナー【メール内容】

就活で謝罪・お詫びメールを送る時の4つのマナーについて詳しく解説していきます。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナーには、何度も同じ内容を繰り返さない、正しい敬語を使う、文章は短くすっきりとまとめる、お礼と謝罪の内容を混合させないといったものがあり、これらのマナーを守れていないと謝罪・お詫びメールを送っても逆効果になってしまう可能性がありますので注意してください。

  • マナー1:何度も同じ内容を繰り返さない
  • マナー2:正しい敬語を使う
  • マナー3:文章は短くすっきりとまとめる
  • マナー4:お礼と謝罪の内容を混合させない

マナー1:何度も同じ内容を繰り返さない

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナーの一つは、何度も同じ内容を繰り返さないことです。

謝罪・お詫びメールだからといって、同じ謝罪を何度も繰り返されては相手もうんざりしてしまいますので、謝罪やお詫びは簡潔に済ませることを心がけてください。

マナー2:正しい敬語を使う

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナーの一つは、正しい敬語を使うことです。

謝罪・お詫びメールに限らず就活で送るメールで正しい敬語が使えていないと間違いなく採用担当者の人の評価は下がってしまいますので、もし敬語に不安があるという人はまとまった時間を作って敬語の勉強をすることをおすすめします。

マナー3:文章は短くすっきりとまとめる

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナーの一つは、文章は短くすっきりとまとめることです。

無駄に長くてまとまりのない謝罪・お詫びメールを送られても相手としては迷惑なだけですので、謝罪・お詫びメールの文面は可能な限り簡潔なものにしてください。

マナー4:お礼と謝罪の内容を混合させない

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナーの一つは、お礼と謝罪の内容を混合させないことです。

謝罪・お詫びメールは飽くまでも相手に対して謝罪するためのメールですので、もしお礼の気持ちを伝えたいのであれば別のメールで伝えるようにしましょう。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のマナー【メール形式】

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のメール形式の3つのマナーについて詳しく解説していきます。

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のメール形式のマナーには、就活用のメールアドレスを使う、正しいメール件名を付ける、メール署名を付けるといったものがあり、どれも基本的なことだからこそ守れなければ評価は大きく下がってしまいますので、油断せず確認を怠らないようにしてください。

  • マナー1:就活用のメールアドレスを使う
  • マナー2:正しいメール件名を付ける
  • マナー3:メール署名を付ける

マナー1:就活用のメールアドレスを使う

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のメール形式のマナーの一つは、就活用のメールアドレスを使うことです。

慌てていて就活用のメールアドレスではなくプライベートのメールアドレスで謝罪・お詫びメールを送ってしまうと、採用担当者の人に不信感を与えてしまいますのでくれぐれも注意しましょう。

マナー2:正しいメール件名を付ける

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のメール形式のマナーの一つは、正しいメール件名を付けることです。

謝罪・お詫びメールを送る時はメールの件名を正しいものにするのはもちろんですが、本文や署名などに誤字が絶対にないよう繰り返しチェックを行ってから送信するようにしてください。

マナー3:メール署名を付ける

就活で謝罪・お詫びメールを送る時のメール形式のマナーの一つは、メール署名を付けることです。

メールに自分の署名を付けることは仕事においては基本的なことですので、謝罪・お詫びメールという重要なメールに自分の署名を付け忘れる、といったミスは絶対にしないようにしましょう。

就活の謝罪・お詫びメールはいつでも使えるよう文例を覚えておこう

謝罪・お詫びメールはトラブルに巻き込まれている最中に送らなければならないため、いざ必要になった時に文章例を調べるのでは遅いと言えます。

就活を始めた時点でトラブルが起きることも想定し、使いやすい謝罪・お詫びメールの例文やフレーズをいくつか覚えておけば思わぬトラブルに見舞われた際も慌てずに対応することが可能となります。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事